落ち着いたトーンの4色展開

urbanista、音質にこだわった完全ワイヤレスイヤホン「PARIS」。独エンジニアがチューニング

編集部:川田菜月
2019年12月17日
エム・エス・シーは、同社が取り扱うurbanistaより、Bluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤフォン「PARIS」を12月17日から発売。価格は10,800円(税抜)。

「PARIS」

PARISはIFA 2019にも登場していた完全ワイヤレスイヤホンで、同ブランドがドイツの有名オーディオメーカーでチーフエンジニアをしていたAxel Grell氏とコラボレーションし、音質にこだわって共同設計したという。「PARI」という型番のとおり、「現代ファッションの中心地であるパリの街のように」「優雅さと個性の雰囲気を持って」いるモデルとのこと。

φ10mmドライバーを搭載。カナル型としたことで遮音性を高め、シリコン製イヤーチップによりフィット感向上も図られている。クリアな音楽再生、通話品質を実現するとのこと。

本体にはタッチコントロールを採用し、音量調整などの操作が可能。音声コントロール(Siri/Google Now)にも対応する。カラーはミッドナイトブラック/オリーブグリーン/ローズゴールド/フラッフィクラウドの4色をラインナップ。

4色をラインナップ

Bluetoothは5.0に対応し、プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP、コーデックはSBC/AAC/aptXをサポート。連続再生時間は約5時間で、充電ケースとの併用で合計約20時間の使用が可能となる。ケースにはUSB-C端子を装備、またQi規格のワイヤレス充電にも対応する。

充電ケースとの併用で合計約20時間の使用が可能

周波数特性は20Hz-20kHz、インピーダンスは16Ω±15%、感度は103dB±3。付属品には専用充電ケーブルを同梱する。

関連リンク

関連記事