11/30までの予約購入で49,800円

照明一体型プロジェクター「popIn Aladdin」に据え置きモデル 。1,000台限定生産

編集部:川田菜月
2019年11月20日
プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」を取り扱うpopIn(株)は、据え置き型プロジェクター「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」を1,000台限定生産で販売する。価格は59,800円(税込/送料込)。

「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」

11月30日までに先行予約購入すると税込49,800円で購入できるキャンペーンも実施する。予約した場合の商品発送は12月中旬を順次予定、なお予約台数が1,000台に達した場合は期間前でもキャンペーン終了となる。

天井にシーリングコンセントがないなど、popIn Aladdinが取り付けられないユーザーに向け、popIn Aladdinの提供する多彩なコンテンツを楽しめる据え置き型DLPプロジェクター。XGIMI製プロジェクター「Z6 Polar」に、popIn AladdinのOSを搭載した特別仕様のモデルとなっている。

コンパクトな正方形サイズで持ち運びにも便利

XGIMI製プロジェクター「Z6 Polar」に、popIn AladdinのOSを搭載した特別仕様となる

解像度はフルHD(1,920×1,080)で、最大180インチの投影が可能。モーション補正技術を採用しており、動きの激しい映像でも揺れやちらつきを抑えられるとのこと。スポーツ観戦やゲームなどを大画面で楽しむ際にも使用できるとしている。

フルHDで最大180インチの投影も可能だ

脚部はないが、底面部中央にカメラ三脚などと接続できるネジ部分があり、対応アクセサリーと組み合わせて使うこともできる

光源はRGB LEDで、4チャンネル光路設計を採用。明るさは500 - 700ANSIルーメン、HDR 10にも対応する。また広範な台形補正ソフトウェアを使用しており、あらゆる角度において最適な投影が可能だとしている。新たにオートフォーカス機能も搭載した。

操作リモコン。斜めに配置された上下ボタンで手動フォーカスも可能

リモコン底部のスイッチで、オートフォーカスが簡単に行える。本体のレンズ側に配置したセンサーカメラが距離を測定するとのこと

外部端子はARC対応のHDMI入力、USBを各1系統ずつ、イヤホン出力を1系統装備。内蔵スピーカーはHarman / Kardonによるチューニングが施されている。

端子部。左側には電源ボタンを配置

スピーカーは前面部に配置。Harman / Kardonによるチューニングで高品位なサウンドだとアピールする

Wi-Fiは802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)、Bluetoothはバージョン4.0に対応する。駆動音は28dB。外形寸法は193W×48H×193Dmm、質量は973g。

各種popIn Aladdinで使えるコンテンツは全て利用可能だ

また同社は、ユーザーの睡眠導入をサポートするアプリ「おやすみタイマー」も発表。本日よりベータ版の配布を開始、12月31日まで無償で利用できる。

おやすみタイマーでは、生活スタイルに合わせて設定した「おやすみ時間」にアプリが起動する快眠モードを搭載。子供向け/大人向けの2つのモードを用意し、子供向けでは設定した時間になると、絵本「おやすみ、ロジャー」を声優の水樹奈々さんの声で読み聞かせてくれる。大人向けでは自然の音やヒーリング音楽が流れる仕組み。

睡眠導入をサポートするアプリ「おやすみタイマー」

設定した時間になると本体が起動し、子供向けでは読み聞かせ、大人向けにはナチュラルサウンドが流れる

他にも再生時間や電気、画面のオン・オフ、popIn Aladdin本体の自動シャットダウンなどの詳細設定も行える。

また、popIn Aladdinの発売1周年を記念して、4時間限定のキャンペーンを明日11月21日20時から24時に実施。「一夜限りの市場最安値」とし、通常価格79,800円のpopIn Aladdinを税込59,800円で購入できる。

「一夜限りの市場最安値」!popIn Aladdinを税込59,800円で購入できる1周年記念キャンペーン

また同じく1周年記念特別企画として、明日11/21(木)19時半ころから、popIn Aladdin公式インスタグラムアカウントにてLIVE放送を実施。実際にpopIn Aladdinを使っているという俳優の中尾明慶さん、大人気恋愛リアリティーショー出演者の3名が登場し、popIn Aladdinについて視聴者からの質問に答えていく予定だ。

同社はオーストラリアの寝具ブランド「コアラマットレス」と共同で新製品発表・体験会を開催。popInからは代表の程 涛氏が登壇し、新サービスおよび製品紹介を行った。

popIn代表の程 涛氏

popInは「シーリングライトで実現する、文化的な暮らし」をテーマに、2018年11月1日にプロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」を発売。発売から1年経過した現在、販売台数は3万台を超えるという人気モデルだ。

プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」は一年で3万台を販売したとのこと

程 涛氏はpopInの成り立ちについて「インテリア」「子育て」「エンターテイメント」の3つを軸があると説明。特にpopIn Aladdin開発のきっかけとなった要素は「子育て」とのこと。自身も3人のお子さんがいるという程 涛氏は、子供たちの世界観を広げたいという思いを原点とし、「等身大動物図鑑」など自宅で過ごす時間を活用して興味・学習へと自然と繋がるようなコンテンツの提供に今も力を入れているという。

「子育て」につながる製品、体験の提供が今も重要項目の一つだという

「等身大動物図鑑」では、実際の大きさを画面に表示してくれる

「プロジェクターというと、通常はビジネスで使うモノという印象が強い。popInで展開する製品は、“ライフスタイルに浸透するような、生活に溶け込む製品・体験” であり、それを目指している」とし、文化的な暮らしというテーマに加えて、この度新たに「健康」である事の重要性に着目したと語る。

「健康で文化的な体験」をテーマとして、新たな展開に取り組んでいくとした

現代人の生活習慣について、「寝る前にもスマホを操作し、ブルーライトを浴びながら動画などを見ていることが多い」とし、「寝る時間が無いのではなく、寝る前の導入時間の過ごし方が問題である」と指摘する。その改題解決に取り組んだ新サービスが「おやすみタイマー」であり、本サービスの提供により「ユーザーそれぞれの生活に合わせて、規則正しく質の良い睡眠への導入をサポートしていきたい」とした。

スマートフォンを寝る前に使用することで、睡眠不足、質の低下を引き起こすという

また新製品「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」においても、生活の中で、特に寝室で使うことを想定して仕様を設定しているという。たとえば明るさは、実際に程 涛氏が様々試した結果、眩しすぎず寝室に置いて寝る前にも使いやすい明るさとして、500 - 700ANSIルーメンにしているという。

今回共同で発表会を行った「コアラマットレス」は、メモリーフォームと高反発素材による柔らかい層と、高反発なかための層を組み合わせた2層構造のウレタンフォームマットレスを販売するオーストラリア発の寝具ブランド。理想の快眠を追求し、2017年からマットレスの開発・販売を行っている。

2層構造のマットレスを展開する「コアラマットレス」

この度新製品として、「コアラピロー(枕)」の日本モデルを12月4日から発売する。価格は12,500円(税込/送料込)。コアラピローでは、あらゆる寝姿勢で頭と首をサポートするゾーニング製法に加え、頭部を適温に保つゲル入り低反発素材を採用したもので、快適さとサポート力を両立し、快適な寝心地を実現するハイブリッド枕とアピールする。

「コアラピロー(枕)」の日本モデルを12月5日から発売

「快適な寝心地を実現するハイブリッド枕」とアピール

今回発表会を共同開催としたのは、普段から程 涛氏がコアラマットレスを愛用しているからだという。「生活向上を目指すユーザーをターゲット層としている点など共通項が多く、相乗効果を発揮できると考えた」とコメントした。

さらに今後もモニター調査など共同で実施していくとのこと。「睡眠改善は1日ですぐ変化があるというものではない。popInでは視覚、聴覚的に、コアラマットレスでは実際に寝姿勢など体験として、長期的にどのように変化するかを調査することで、一緒になって睡眠改善に取り組んでいきたい」とした。

最後に特別ゲストとして、快眠セラピスト・快眠環境プランナーの三橋美穂氏、@aroma・アロマ空間デザイナーの深津恵氏が登場。コアラマットレスのブランドマネージャーである恵古涼夏氏と4人でトークセッションが行われた。会場内はアロマの良い香りで満たされており、程 涛氏は「popIn Aladdinにも香りの要素を取り入れたい。補充の問題などはあるが、次の課題としていきたい」とさらなる展開に意欲を見せた。

関連記事