水や埃の損傷に2年間保証

Jabra、小型・長寿命化した完全ワイヤレスイヤホン「Elite 75t」を11/29発売

編集部:押野 由宇
2019年11月12日
GNオーディオジャパンは、Jabraブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Elite 75t」を11月29日より発売する。価格は23,800円(税抜)。11月15日より家電量販店、eコマースサイトにて先行予約を実施する。カラーはチタニウムブラック。

「Elite 75t」

従来モデル「Elite 65t」よりも約20%の小型化を行うとともに、バッテリー時間を大幅に改良。単体で最大7.5時間、充電携帯ケースと合わせれば最大28時間の音楽再生を実現するモデル。IFA 2019で発表されたモデルの国内販売が決定した格好だ。

Bluetoothは5.0、コーデックはSBCおよびAACをサポート。6mmドライバーを搭載し、 音楽再生周波数帯域は20Hz - 20kHzとなる。また専用アプリ「Jabra Sound+」から、イコライザーで低音や高音を強調するといったカスタマイズが行える。

装着イメージ

Amazon Alexa、Siri、Google Assistantの音声アシスタントをサポート。4つのマイクを内蔵することで、騒がしい環境や風の強い場所でもクリアな通話が行えるよう設計しており、風切音保護機能も搭載する。

本体は安定したフィット感を追求した人間工学に基づいた形状で、IP55の性能により埃や水から保護。埃と水による損傷に対しては2年間の保証も設ける。イヤホンは充電ケースから取り出すと電源がオンになり、接続がない状態で15分経過、または動作がない状態で60分経過でオフになる。また片方のイヤホンを耳から取り外すと再生を自動一時停止する。

イヤージェルはS/M/Lの3サイズを付属する。質量はイヤホン本体が5.5g、充電ケースは35g。

あわせて、完全ワイヤレスイヤホン「Elite 65t」および「Elite Active 65t」を、12月1日までの期間限定特別価格にて販売。Elite 65tは通常18,000円が16,000円に、Elite Active 65tは通常21,000円が19,000円と、各2,000円オフとなっている。

関連リンク

関連記事