NHKの高画質化技術も搭載

シャープ、世界最大の“丸められる”4K有機ELディスプレイ開発。30型で重さ100g、厚さ0.5mm

編集部:成藤 正宣
2019年11月08日
シャープとNHKは、フィルム基板の採用により丸めて収納できるほどの柔軟さと軽量さを実現した、30型「4Kフレキシブル有機ELディスプレイ」の開発を発表した。本製品は、11月13日〜15日に千葉県・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」のNHK/JEITAブースに展示される。

NHKとシャープが、丸めて収納もできる30型の4K有機ELディスプレイを開発

一般的な有機ELテレビはガラス基板板上に素子を形成するかたちで製造されているが、今回のフレキシブル有機ELディスプレイは薄く柔らかいプラスチックフィルムの上へ、RGB(赤/緑/青)の各色に発光する素子を高精度に蒸着させることで製造している。

これにより、フィルム基板を用いたRGB発光方式(カラーフィルターレス)の高精細4K有機ELディスプレイとしては世界最大クラスでありながら、質量は約100g、厚みは約0.5mmを実現。さらに表示部を直径4cmほどの筒状に丸めて収納することも可能としている。

また、有機EL素子を駆動する薄膜トランジスタにはシャープのIGZO、信号処理やパネル駆動技術にNHKの独自技術を採用。画面の明るさの均一性や、動く被写体の鮮明さを向上させているという。なお、映像のフレームレートは60フレーム/秒となる。

関連記事