特徴は「広大なサウンドステージ」

Audioengine、 HiFiサウンドを目指したポータブルBluetoothスピーカー「512」

編集部:平山洸太
2019年10月11日
コペックジャパンは、同社が取り扱うAudioengine社より「512 ポータブルBluetoothスピーカー」を10月11日より発売する。価格は21,890円(税込)。カラーはブラックとグリーンの2色を用意する。

「512 ポータブルBluetoothスピーカー」

専用設計のウーファー×2、パッシブラジエーター×3を搭載。「HiFiサウンドをポータブル実現すること」を目指したとのことで、サウンドは「ウォームな声の響きやイメージング」「広大なサウンドステージ」が特徴とアピールする。

本体の外形寸法は76×197×76mmで、質量は685g。アンプのタイプはクラスDとなっており、合計20W RMSの出力に対応する。

手に持った様子

Bluetoothのバージョンは5.0で、対応コーデックはSBC。最大30m(屋外)/10m(室内)での接続が可能とのこと。3.5mmステレオミニジャックの入力に対応するため、有線接続でも音楽再生ができる。

またバッテリー持続時間は最大12時間で、充電用のマイクロUSBケーブル(約80cm)が付属する。そのほかSNRは>90dB(type A-weighted)、THD+Nは<0.5%@50%、再生周波数帯域は60Hz-20kHzとなっている。

関連リンク

関連記事