ヤマハ「SoundUD」技術を活用

radikoアプリに新機能「街の情報」。アナウンス音声から運行情報やクーポンを取得

編集部:平山洸太
2019年10月02日
radikoは、ヤマハとの技術提携により、ラジコアプリの新機能「街の情報」を本日10月2日より実装した。

「街の情報」機能が実装

ヤマハが開発した「SoundUD」を活用。SoundUDは、電車内や施設内のスピーカーからの音声トリガー(音響通信信号)をスマホのマイクで受信することで、様々な情報が表示できるという技術だ。

“街の情報” 機能では、同技術を使用することで、電車や店舗のアナウンス音声を検知、ラジコアプリで運行情報やクーポンなどを受信できる。

音声トリガーを受信することで、様々な情報を取得できる

情報を受信可能な主なスポットは、京急全線各駅、京成全線各駅、東急線全線一部アナウンス、御堂筋線一部アナウンス、嵐電全線車内アナウンス、福岡地下鉄空港線/箱先線/七隅線各駅、西鉄天神大牟田線/貝塚線各駅、遠鉄電車各駅、横浜市交通局 ぶらり三渓園BUS、江ノ電バス 定期遊覧バスしずか号、JRバス関東 アクセス成田/ウエルカム成田セレクトバスツアー、ルートインホテルズ(関東一部店舗)、渋谷センター街アナウンス、富士山パノラマロープウェイ。

また今後も首都圏の主要交通機関を中心に、大規模スポーツ施設やスタジアムにも拡大予定とアナウンスされている。

関連記事