Alexaによる音声操作や複数台組み合せた再生にも対応

ヤマハ、ワイヤレススピーカー「MusicCast 20」にホワイトモデルを追加

編集部:成藤 正宣
2019年05月22日
ヤマハは、同社独自のネットワーク/マルチルーム再生機能“MusicCast”を搭載したワイヤレススピーカー「“MusicCast 20”WX-021」にホワイトモデルを追加、6月上旬より発売する。価格はオープンだが、市場では30,000円前後での実売を想定する。

「“MusicCast 20” WX-021」にホワイトが追加

昨年8月に発売した「MusicCast 20」(関連ニュース)の新カラーバリエーション。従来のブラックモデルと併売され、設置する場所やインテリアとの取り合わせ、ユーザーの好みに合わせたカラーが選べるようになる。

カラー以外の仕様はブラック/ホワイトともに共通。スピーカーはモノラルで、90mmアルミコーンウーファー/30mmドームトゥイーター/パッシブラジエーター2基を搭載。合計出力40Wのアンプにより、コンパクト設計ながら豊かなサウンドを実現したとする。

5GHz/2.4GHzのWi-Fiに対応し、MusicCast対応機器との音楽コンテンツの共有、マルチルーム再生のほか、本機を2台組み合せてステレオ再生を行う「MusicCast Stereo」、本機を対応AVアンプやサウンドバーのサラウンドスピーカーとして組み合わせる「MusicCast Surround」などが利用できる。Amazon Alexaによる音声操作にも対応しており、他のMusicCast対応機器もAlexaに話しかけることで操作できる。

また、専用スマートフォンアプリ「MusicCast CONTROLLER」から操作することで、ホームネットワーク内にあるPC/NASからの音源再生や、インターネットラジオ「radiko」、音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」「Spotify」の聴取にも対応。さらにAirPlay2によるApple端末との接続や、Bluetooth接続にも対応する。なお、BluetoothはAAC/SBCコーデックによる受信、SBCコーデックによる送信に対応する。

その他、圧縮音源を補正するミュージックエンハンサー、よく聴くコンテンツやストリーミングサービスを登録しワンタッチで呼び出せるお気に入りボタン、アラーム機能などを搭載。音声フォーマットは192kHz/24bitまでのWAV/FLAC/AIFF、96kHz/24bitまでのALAC、48kHzまでのMP3/WMA/MPEG-4 AACの再生に対応する。

スピーカーの再生周波数帯域は60Hz〜20kHz、外形寸法は150W×186H×130Dmm、質量は2.2kg。

関連記事