“MADE IN JAPAN”モデル

オーディオテクニカ、メイプル材ハウジングのポータブルヘッドホン「ATH-WP900」

編集部:小澤麻実
2019年09月19日
オーディオテクニカは、木のハウジングを使用したポータブルヘッドホン「ATH-WP900」を10月11日に発売する。価格はオープンだが、80,000円前後での販売が予想される。

ATH-WP900

ATH-WP900の実機。ハウジング部を持ち運びやすくフラットにできるスイーベル機構も備える

ハウジングに、音の立ち上がりがよく明瞭なサウンドが持ち味のメイプル材を使用した“MADE IN JAPAN”モデル。メイプルは高価なギターやヴァイオリンにも採用される木材で、同社ヘッドホンで使うのは今回が初だという。本機はメイプルの無垢削り出しハウジングの天面に、薄くスライスしたフレイムメイプル材(炎のゆらぎのような美しい杢目を持つメイプル材)を貼り合わせ。音響特性のほか、眺める角度によって表情を変える美しい外観も獲得している。

ハウジングの加工から塗装までは、日本を代表するギターメーカーであるフジゲン(株)が実施。木をひとつずつ塗装し磨きをかけて仕上げたあと、オーディオテクニカの日本国内工場にて、職人の手作業による組立を行っている。

また、高域特性に優れたDLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用した、専用設計のφ53mmダイナミック型ドライバーを搭載。

ATH-WP900の内部構成

バッフルは内側に向かって傾斜をつけた独自形状の新設計とし、バッフル内のドライバーの前室と後室の通気を最適化。クリアな中低域再生を実現したという。さらに、本構造を採用することでイヤーパッドが自然に傾いて耳の周りを均一に包み込むため、密閉性と装着性も高められたとのことだ。

バッフルは内側に向かって傾斜をつけた独自形状の新設計とした

再生周波数帯域は5〜50,000Hzで、日本オーディオ協会によるハイレゾロゴも取得。出力音圧レベルは100dB/mW、インピーダンスは38Ω。

ヘッドパッドは低反発クッション、イヤーパッドは立体縫製とすることで、密閉性と装着性を高めたとのこと

ケーブルは着脱式(A2DC採用)で、Φ3.5mm金メッキL型ステレオミニプラグ(1.2m長)に加え、左右の音の分離感を高める両出しのφ4.4mm 5極バランスケーブル(1.2m長/L型プラグ)を付属する。

キャリングポーチ等も付属する

ヘッドパッドは低反発クッション、イヤーパッドは立体縫製とすることで、密閉性と装着性を高めているという。ハウジング部を持ち運びやすくフラットにできるスイーベル機構も備えるほか、キャリングポーチ等も付属する。質量は約243g。

関連記事