香港でのAVショウにて

オーディオテクニカ、天然木材ハウジングの新ヘッドホンを海外発表。黒壇/アサダ桜の2機種

編集部:小野佳希
2019年08月09日
オーディオテクニカは、本日8月9日から11日まで香港で開催中の「The 2019 Hong Kong High-End Audio Visual Show」に出展。黒檀(縞黒檀)とアサダ桜をハウジング部に採用した新ヘッドホン「ATH-AWKT」「ATH-AWAS」2機種を発表した。

ATH-AWKT

ATH-AWAS

「ATH-AWKT」が黒檀を使用したモデルで、「ATH-AWAS」がアサダ桜を使用したモデル。なお両モデルとも日本国内での発売は未定。同社では、1996年の初代「ATH-W10VTG」の発表から20年以上に渡って様々な天然木材を使った製品群を世に送り出してきており、今回の2モデルについて、「長年培ったヘッドホンの製造技術と天然木素材を生かすノウハウを集結し、最新のHiFi環境に対応した、上質で温かみの感じられる新たなウッドモデルに仕上がった」とアピールしている。

「ATH-AWKT」に採用した黒檀(縞黒檀)は、主に木管楽器などに用いられる天然木材で、杢目(もくめ)が織りなす縞模様の美しさが特徴。卓越した広帯域再生を誇るというAWKT専用φ53mmドライバーと、黒檀の年輪構造が持つ硬さの異なる層が不要な振動を抑制することで、濁りのない自然な音色を生み出すとしている。

「ATH-AWAS」に採用したアサダ桜は、主に高級なスピーカーボックスなどに⽤いられる天然木材。「高い強度を持ちながら上品な杢目が特別な存在感を放つ」としている。「本機専用φ53mmドライバーと、アサダ桜が持つ豊かな響きと音抜けの良さで、色彩鮮やかな音色を描き出す」ともアピールしている。

両モデルともに、すべて日本国内で生産。ひとつひとつ丁寧に組み立てを実施したMADE IN JAPANモデルだとしている。

関連記事