国内200台限定

Campfire Audio、「Andromeda」の特注モデル“Gold”。7BA化で内部設計も変化

編集部:成藤 正宣
2019年09月10日
ミックスウェーブは、同社が取り扱う米Campfire Audioのイヤホン「Andromeda」の特注限定モデルとして、BAドライバーの数を増量し、音響設計も刷新した「Andromeda Special Edition:Gold」を、国内200台限定で9月13日より発売する。価格はオープンだが、156,300円前後での実売を想定する。

「Andromeda Special Edition:Gold」

2019年8月に香港で開催された「Hong Kong High-End Audio Visual Show」向けの製品として、全世界1,000台限定モデルとして企画/生産された特注モデル。日本国内向けには200台が用意される。ハウジングはアルミニウム、ノズルはステンレススチール製で、ネジ部には24金メッキが施される。

ベースモデル「Andromeda」のポテンシャルをさらに引き出し、新たな可能性を模索するべく、ドライバーの選定やクロスオーバー設計から見直しを実施。ベースモデルがもともと高域2基/中域1基/低域2基の5BAドライバーを搭載していたところ、低域にさらに2基のBAドライバーを加えた全7基構成とすることでサウンドレンジを更に拡張。より深くパンチの効いた低域を実現した。

カラーリングだけでなく、内部構造まで刷新した数量限定の「Andromeda」となる

ドライバーから発した音を伝達する際、音導管(サウンドチューブ)の代わりに3Dプリンターで精密に形成した空気室(アコースティックチャンバー)を用いることで、高域の周波数特性を改善する音響設計「T.A.E.C(Tuned Acoustic Expansion Chamber)」を引き続き採用。さらに、BAドライバーの帯域分けに用いる回路(ネットワーク)を排除し、BAドライバーと空気室だけでチューニングを行う「クロスオーバーレス設計」を採用した。これにより、これまで以上に雑味の少ない“BAドライバー本来の音”の伝達が可能になったとしている。

MMCX端子で着脱が可能な銀メッキ銅導体の付属ケーブル「Litzwire Earphone Cable」は、耳にかかるイヤーガイド部に針金を使わず、熱処理でクセを付けただけの柔らかく軽量な構造を採用。もつれにくいツイストデザインで、従来モデルの付属ケーブルよりも使用中のストレスをを軽減したとする。

「Litzwire Earphone Cable」は従来モデルよりクセがなく、耳元からワイヤーを取り除いた仕様

また、持ち運び用のプレミアムレザー・ジッパーケースもベースモデルと異なるブラックカラーを採用。裏地にクッション性のあるウールを使用することで、イヤホンハウジングを保護する。

レザーケースも本体カラーに合わせたブラックが付属する

再生周波数帯域は5Hz〜20kHz、インピーダンスは7Ω(1kHz)、感度は116dB SPL/m。

関連記事