録音のプロ向けに再チューニング

final、平面駆動ヘッドホン「D8000」にプロモデル。D8000のシルバーモデルも

編集部:小澤麻実
2019年07月12日
S'NEXTは、finalブランドのヘッドホン「D8000 Pro Edition」を7月31日に発売する。7月12日から各販売店にて予約受付を開始。価格はオープンだが、438,000円(税込)での販売が想定されている。カラーはブラックとシルバーの2種類。

「D8000 Pro Edition」(ブラック)

「D8000 Pro Edition」(シルバー)

先日のOTOTENなどでも試作機が登場していたが(関連ニュース)、正式に発表されたかたち。

ヘッドフォン祭に出展されていた「D8000 Pro Edition」

2017年11月に発売した、AFDS技術搭載の平面磁界型ヘッドホン「D8000」(関連ニュース)の音質はそのままに、より大きめの音量で聴取したいという録音のプロからの要望を受けて再チューニングを施したのが特徴。

聴取音量が大きくなるにつれ低音が聴こえやすくなるという人間の聴覚特性にも配慮したチューニングにより、「D8000」はクラシックなどダイナミックレンジの広い音楽が得意だったが、「D8000 Pro Edition」はポップスやロックなどダイナミックレンジの狭い音楽を再生した際、より解像感が高いと感じられる音質になったという。

「D8000」と「D8000 Pro Edition」の音質傾向の違い

筐体にはアルミマグネシウム合金を採用し、修理やアップグレードがしやすい設計を施している。

イヤーパッドは新開発で、肌に触れる部分に東レのウルトラスエードを採用し肌触りよく仕上げた。ケーブルはOFC ケーブル 3.5mm/1.5mとOFC シルバーコートケーブル 6.3mm/3mの2種類を同梱。持ち運び用キャリーケースも付属する。

肌触りよく仕上げた新開発のイヤーパッドを採用

「D8000」にシルバーカラーが登場

また、「D8000」のカラーバリエーションモデルとして、シルバーの「D8000S」も7月31日に発売することも発表された。こちらも7月12日から予約受付が行われる。予想実売価格は388,000円(税込)。

「D8000」のカラーバリエーションモデル「D8000S」

なお、「D8000 Pro Edition」も「D8000S」も、商品価格の一部をあらかじめ残価として据え置き、残りの金額を分割払いにすることで、 月々の支払いが軽減される残価設定クレジットプランを利用することができる。詳細はこちら

関連記事