最新Android TV搭載

シャープ、ダブル4Kチューナー搭載の液晶テレビ“AQUOS 4K”「BN1/BL1/BJ1」計8機種

編集部:小澤貴信
2019年07月10日
シャープは、新4K衛星放送と地上波放送の2番組同時裏録画に対応した4K液晶テレビ「AQUOS 4K」3シリーズ8機種を7月27日より発売する。

4T-C60BN1

シャープの4K液晶テレビの新たな中核となる「BN1」「BL1」「BJ1」の3シリーズが登場。各モデル共通で「ダブル4Kチューナー搭載」「最新Android TV採用」「新開発エンジン搭載」の3点が大きな特徴として挙げられる。ラインナップは以下の通り。

<BN1シリーズ>
・「4T-C70BN1」¥OPEN(予想実売価格33万円前後)
・「4T-C60BN1」¥OPEN(予想実売価格25万円前後)
・「4T-C50BN1」¥OPEN(予想実売価格17万円前後)
・「4T-C45BN1」¥OPEN(予想実売価格15万円前後)

BNシリーズ

<BLシリーズ>
・「4T-C55BL1」¥OPEN(予想実売価格19万円前後)
・「4T-C50BL1」¥OPEN(予想実売価格15万円前後)
・「4T-C45BL1」¥OPEN(予想実売価格13万円前後)

BLシリーズ

<BJ1シリーズ>
・「4T-C40BJ1」¥OPEN(予想実売価格11.5万円前後)

4T-C40BJ1

新4K衛星放送の受信に対応したBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴中に、別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組を同時に裏録することが可能となる。また、機種もAndroid TVの最新プラットフォーム「Android 9 Pie」を搭載し、動画配信サービスやゲームなどのネットコンテンツも楽しめる。画質面では新開発の画質エンジン「AQUOS 4K Smart Engine POR II」により、より色鮮やかで滑らかな階調の映像を実現するとする。

シャープは2018年12月1日の新4K衛星放送開始に先立ち、4Kチューナー内蔵テレビの第一弾「AN1/AL1シリーズ」を同年11月に発売していたが、今回登場する各モデルは、このAN1/AL1シリーズ、および4Kチューナー非搭載の4K液晶テレビ「AMシリーズ」後継モデルとなる。

発表会では従来モデル「AMシリーズ」との画質比較も行われていた

なお、BN1シリーズはフラグシップライン、BL1シリーズはスタンダードラインという位置付け、BJ1は4Kチューナー搭載機として業界最小という40型モデルとなる(各モデルの差異は後述)。HDRは全機種がHDR10/HLGに対応。BN1シリーズのみ2019年中のアップデートでドルビービジョンにも対応する。パネル解像度は各モデルで3,840×2,160。

全機種でBS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載

今回登場する全8機種が、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基、地上/BS/CSデジタルチューナーを3基搭載。4K放送の視聴中に、別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組を同時裏録画することができる。なお、本機はハードディスクを内蔵しておらず、録画時には外付けUSB-HDDを接続する必要がある。

全機種でBS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載

4K番組を視聴しながらの2K番組の2番組同時録画にも対応。4K番組の2番組同時録画には非対応となっている。

本シリーズが同時録画可能な組合せ一覧

画質面については、新開発の高画質・高機能エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」の搭載が大きなトピックだ。この新エンジンにより、さらなる高精細・広色域を実現し、明暗表現や動画性能も向上させたという。

特筆すべきは同社の8Kテレビにおける色再現回路を応用して色彩表現力を向上させたという「リッチカラーテクノロジー」だ。これにより鮮やかな色彩再現が可能となり、自然な映像を実現できるとする。

8Kテレビから継承した「リッチカラーテクノロジー」を採用

もうひとつのトピックがHLG階調復元回路の搭載。新4K衛星放送で採用されているHDR規格 HLG(Hybrid Log-Gamma)の映像を忠実に再現することで、表現が難しいとされる映像の高階調部分も明るく滑らかに再現する。

HLG階調復元回路により高輝度部も滑らかに表示

そのほか、独自の4Kアップコンバート技術「4K-Master アップコンバートプロ」による高精細化、倍速液晶表示技術「480スピード」による動画性能の向上も実現しているとのこと。

高画質と共に“高機能”も謳う新エンジンの採用により、操作性も向上。高速CPUを採用することで、リモコンでの電源起動を従来比で約20%高速化。さらに、チャンネル切り替えやアプリケーションの立ち上げもより素早くできるようになったという。

液晶パネルについては、全8機種中で4T-C70BN1と4T-C40BJ1の2機種のみが直下型LEDを搭載。残りの6機種はエッジ型LEDを搭載する。なお、いずれもエリア駆動には非対応。

BN1シリーズのみ「N-Blackパネル」を搭載

4T-C70BN1/4T-C60BN1は、新開発の高透過率4K液晶パネルを採用

また、BN1シリーズのみ、外光の反射や照明の映り込みを抑えながら、艶やかな黒を表現する「N-Blackパネル」を搭載。さらに4T-C70BN1/4T-C60BN1の2機種は、新開発の高透過率4K液晶パネルを採用。従来機比で年間消費電力量を約7%低減しつつ、輝度を約20%向上させた。この新パネルにおける透過率向上は、ドライバーの小型化や配線を細くすることなどによって実現したとのこと。バックライトはそのままで輝度向上を実現させたため、消費電力の低減も同時に可能になったという。

上述のようにBN1シリーズのみがドルビービジョンにアップデートで対応する予定だが、これはBL1とBJ1が性能的に規格に満たないというわけではなく、グレードの違いとして仕様選択を行ったとのことだ。

最新Android TVプラットフォームを搭載

Android TVの最新バージョンであるAndroid 9 Pieをプラットフォームとして採用。Android TVならではの豊富なアプリにより、動画配信サービスやネットコンテンツを快適に楽しめるとする。視聴可能なネット動画はNetflix、dTV、Hulu、Amazon Prime Video、hulu、TSUTAYA TV、Abema TV、スカパーon demand、ビデオパス、Paravi、TVerなど多岐にわたる。付属リモコンにはNetflixボタンおよびYouTubeボタンも備えている。

Android TVの最新バージョンであるAndroid 9 Pieをプラットフォームとして採用

付属リモコン。マイク内蔵でGoogleアシスタントによる音声操作に対応

また、付属リモコンにはマイクを搭載しており、Googleアシスタントによる音声検索・操作に対応。見たい番組を音声で検索したり、Googleアシスタント対応の家電機器などの操作を行ったりすることができる。

お薦め番組を音声で知らせてくれる「COCOLO VISION」については、新たに新4K衛星放送の番組にも対応。従来の地上/BSデジタル放送に加え、新4K衛星放送の番組の視聴履歴も学習して、番組をお薦めしてくれる。

「COCOLO VISION」も新4K衛星放送の番組にも対応

放送中の番組や出演者の情報を画像付きでわかりやすく表示する「ビジュアル番組表」も、新4K衛星放送表示に対応した。

新シリーズではスタンドのデザインを刷新。一方で最大サイズの「4T-C70BN1」をのぞく7機種は、従来機から引き続き左右に30度回転する回転式スタンドとした。また、4T-C60BN1ではスタンドの奥行きを従来機比で約5cm短い29.0cmとして、より省スペースでの設置を可能とした。

音声については、BN1シリーズは2.1ch 3ウェイ5スピーカーによる「FRONT OPEN SYSTEM PLUS」を採用。音声を前面に放出し、聴き取りやすさを高めている。総合出力は4モデルともに総合35W。BL1/BJ1シリーズは、フルレンジユニットを2基搭載し、出力はいずれも総合20Wとなる。また、各モデルで音響補正技術「eilex PRISM」を搭載。テレビの音声をワイヤレス出力するBluetooth音声出力にも対応する。

BN1の背面部

全モデルでHDMI入力端子は4系統を備え、全端子が4K/HDR入力に対応。うち2系統がARC対応となる。ほか、ビデオ入力端子、3.5mm音声入力端子、光デジタル音声出力端子を搭載。USB端子はUSB-HDD用とUSBメモリー用をそれぞれ1系統ずつ搭載する。

なお、今回専用オプションとして、容量4TBの録画用USB-HDD「4R-C40B1」と、4K放送および録画に特化して録画再生機能を手軽に使えるというリモコン「AN-52RC3」も用意。4R-C40B1は7月27日発売で価格はオープン(予想実売価格3.2万円前後)、AN-52RC3は8月24日発売で価格はオープン(予想実売価格3千円前後)となる。

「4R-C40B1」

「AN-52RC3」

発表に先行して開催されたプレス向け内覧会では、シャープ スマートTVシステム事業本部 国内TV事業部 商品企画部 部長補佐の鈴木正幸氏が製品の詳細について説明を行った。

シャープ 鈴木正幸氏

今回のラインナップが登場した背景として、4K放送が来年2020年末には18チャンネルに増えることを挙げた。さらには来年夏のスポーツイベントでは、同時刻に複数の競技が開催されることも予想され、こうしたことを見越し、4K放送を見ながら4K放送と2K放送の同時裏録ができる仕様を実現したとのこと。一方で、同社のテレビにおけるネット動画を中心としたサービス、アプリの利用時間が増えており、こうした現状に応えるために、同時に最新Android TVも採用することで、ネット動画の視聴機能についても強化したとのことだった。

関連記事