FOCALのスタッフが詳細を解説

<ヘッドフォン祭>佇まいまで“ハイエンド”。FOCALの密閉型フラグシップヘッドホン「STELLIA」発表会詳報

編集部:小澤貴信
2019年04月28日
27日・28日にわたって開催されている「春のヘッドフォン祭り 2019」。ラックスマンは初日の27日、同社が取り扱うFOCAL(フォーカル)の密閉型ハイエンドヘッドホン「STELLIA(ステリア)」の発表会を開催した。

「STELLIA」

STELLIAは4月初旬に発表(関連ニュース)、4月末頃から発売される。価格は330,000円。

発表会には、フォーカル社からパーソナルオーディオ部門のExport Sales Managerを務めるAurele Docquin氏が登場。本機の詳細やフォーカルの取り組みについて説明を行った。

Aurele Docquin氏

STELLIAは、フォーカルのハイエンドヘッドホンの第5弾モデル。密閉型としては昨年登場した「ELEGIA」に続く第2弾となる。本機は密閉型ヘッドホンのフラグシップとして企画され、解放型(そしてシリーズ全体の)フラグシップである「UTOPIA」からドライバーユニットなどを継承している。一方で、ポータブル用途でも使えることを念頭に低インピーダンス設計を実施。また、ファッションアイテムとしてのデザイン性にも重点が置かれたという。

「UTOPIA」の技術を以下に密閉型に落とし込むかが開発のテーマだったという

ドライバーの分解図

ドライバーユニットは、UTOPIAと同じφ40mm M字型ピュアベリリウム・ドーム振動板を搭載。これを独自の高純度銅フレームレスボイスコイルで駆動する。シリーズ5機種の中でピュアベリリウム振動板を採用するのはこの2機種だけだ。

Aurele Docquin氏は独自技術となるM字型ピュアベリリウム・ドーム振動板が開発された背景についても説明。フォーカルがスピーカーシステム用に手がける独自の「逆ドーム型トゥイーター」は、同社を象徴する技術のひとつだ。しかし、この逆ドーム型の振動板をそのままヘッドホンに転用すると、耳元に近すぎて周波数特性がフラットにならないのだという。そこで、逆ドーム型振動板と、一般的なドーム型振動板のそれぞれの長所を合わせた、M字型ドーム振動板を開発するに至ったのだという。

Aurele Docquin氏にSTELLIAを装着してもらったところ

また、フレームレスボイスコイルはドライバーユニットの軽量化に貢献。さらに高純度銅を用いることで高い導電性を獲得し、よりリニアなユニット駆動を可能にしている。

結果として、本機は5Hz〜40kHzという周波数特性を実現。Aurele Docquin氏は、UTOPIAの技術をいかに密閉型ヘッドホンに落とし込むか、工夫を重ねたと述べた。開発には約2年を要したという。

ライフスタイルに根ざした製品とすることも大きな目標だったとのことで、そのために、ポータビリティーも重視。スマートフォンやポータブルプレーヤーでも駆動できるように、インピーダンスは35Ωと低く設定された。

パッケージの内容も洗練されている

外でも身につけることを念頭にデザインを追求し、ハイエンドヘッドホンでは珍しいブラウン調のカラーを採用。外側のやや濃いめの色をモカ、内側のやや薄めの色をコニャックと呼び、主張と落ち着きを同時に感じさせるツートンカラーに仕上げた。また、人体工学を踏まえて装着感にもこだわったという。

専用ケースやパッケージ、レザーケースに収められた説明書なども、豪華かつスタイリッシュだ。このあたりは、オーディオ製品というよりは、ブランドの装飾品といったところ。「箱を開けた瞬間からわくわくしてもらいたい」とAurele Docquin氏は語っていた。

専用ケースからも高級感が漂う

ケーブルは長さ1.2mの3.5mmステレオミニ端子ケーブル(6.3mm変換プラグ付き)と、長さ3mの4pin XLR端子ケーブルが標準同梱される。ポータブル用途を想定して、3.5mmケーブルは1.2mと短い仕様にしたという。一方で、ホーム用途を想定した長さ3mのケーブルはバランス仕様で、こちらはハイエンドヘッドホンとしての矜持を感じさせる。

関連記事