SRS-XB32/XB22/XB12。グリル開口部見直しなどで音質向上

ソニー、海辺でも錆びない重低音Bluetoothスピーカー「EXTRA BASS」新モデル。音質と使い勝手向上

編集部:小野佳希
2019年04月24日
ソニーは、重低音を重視し、海辺でも使える防錆性能とIP67の防水防塵性能とを備えたポータブルBluetoothスピーカー「EXTRA BASS」シリーズ新モデルとして、さらなる音質強化と使い勝手向上を図った「SRS-XB32/XB22/XB12」を5月18日に発売する。

SRS-XB32 ¥OPEN(予想実売価格18,500円前後)
SRS-XB22 ¥OPEN(予想実売価格13,000円前後)
SRS-XB12 ¥OPEN(予想実売価格8,500円前後)

EXTRA BASS

XB32は48mm径スピーカー2基、XB22は42mm径スピーカー2基を搭載したステレオモデルで防錆性能も装備。最も小型なXB12は46mm径スピーカー1基のモノラルモデルで、こちらは防錆性能を省略している。それぞれ前モデルの「SRS-XB31/XB21/XB10」(レビュー記事)から音質や使い勝手の強化を図った。

SRS-XB32は全4色で展開

3モデルとも、グリル開口部の大きさと配置を見直すことで音抜けを改善。パンチンググリルの穴をより大きくするなどで、前モデル比での開口率をXB32で約14%、XB22は約12%、XB12で約30%アップさせた。これにより、低域の立ちあがりが改善されたほか、ボーカル等の中高域もクリアに再生できるようになったという。

新モデル(上)では前モデル(下)からグリルの穴の形状を変更

XB32とXB22ではスピーカーに従来から引き続き発泡マイカ振動板を使用。これによって全帯域でクリアでメリハリのある音にしたとしている。また、独自の新処理によって、聴感上、音量に合わせた音質補正を実現したとのこと。中高音を消さずに小音量時の低域を増強できるため、マンションなど音量をあまり出せない環境でも最適だとしている。なお、両機ともパッシブラジエーターを2基搭載している。

SRS-XB22のカラーバリエーションは5色

また、両モデルは「ライブサウンドモード」も引き続き搭載。前モデルでは非搭載だった同モード用オン/オフボタンを新たに装備した。

ライブサウンドモードのオンオフボタン

同モードでは、低域やボーカルをキープしつつ歓声や拍手、余韻成分を効果的に拡散するというDSP処理によって、ライブ・コンサートやフェス会場にいるような臨場感を演出する。このDSP処理ではバーチャルサラウンドとは異なり、よりボーカルなどの中高域が消えないような処理を行っているという。

上記のように防水防塵性能はIP67相当で、防錆性能も装備。海辺など、一般的なワイヤレススピーカーでは利用できないような場所でも利用できるよう配慮している。

また、本体を覆うファブリック素材はソニー専用に開発した日本製の布を使用。複数の糸を撚ることで摩耗に強く耐久性の高い素材を開発したという。また、こうしたファブリック調AV機器では、布織物の間にモノフィラ糸を使うことが一般的に多いが、このモノフィラ糸は音質悪化につながることから、これを不使用とすることで高音質化にもつなげている。

本体を叩いて効果音を出す「パーティーブースター」機能も搭載。15種類の効果音を、本体前面/側面(左右別)/底面/天面の5ヶ所それぞれに設定でき、叩き方の強弱もつけることができる。複数のスピーカーをワイヤレス接続して大音量で音楽を再生する「ワイヤレスパーティーチェーン」機能も継続して搭載している。

本シリーズの特徴のひとつであるライティング機能も継続して装備。よりライティングが映えるよう、ファブリック素材をマットな質感にしたという。

そのほか、上面/背面素材をゴム風塗装に変更。これにより、持ち運ぶ際に掴みやすく、かつ汚れも落としやすいように配慮した。

端子部カバーを開けたところ

小型モノラルモデルのXB12では、前述のグリル見直しに加えて、従来モデルではアナログフィルターだったところからDSP搭載へと変更。よりきめ細かく音の調整を行うことでの音質向上も図っている。なお46mmフルレンジスピーカーに加えてパッシブラジエーターを1基搭載している。

SRS-XB12。5色のカラーバリエーションを用意

また、防水防塵性能もIPX5からIP67へと進化。防水のみの対応だったところから新たに防塵にも対応した。

そのほか、付属のストラップをボタン式のものに変更。木の枝などにぶらさげて利用する際の取り付けの自由度向上も図っている。

ボタン式のストラップにすることでさまざまな場所に取り付けやすいよう配慮

BluetoothコーデックはXB32とXB22がSBC/AAC/LDACに対応し、XB12はSBC/AACに対応。バッテリー時間はXB32が約24時間で、XB22が約12時間、XB12は約16時間。3モデルとも充電用のマイクロUSBケーブルが付属する。

関連リンク

関連記事