独自のインテリジェントセッティング機能を搭載

ソニー、新開発LCDパネル搭載の業務用3LCDレーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ75」など2機種

編集部:川田菜月
2019年04月22日
ソニーは、会議室や美術館、教育施設などでの使用を想定した業務用3LCDレーザー光源プロジェクター「VPL-FHZ75」「VPL-FHZ70」を6月20日から発売する。価格はオープンだが、VPL-FHZ75が120万円前後、VPL-FHZ70が100万円前後での実売を想定する。

「VPL-FHZ75」「VPL-FHZ70」

解像度はWUXGA(1,920×1,200)。1.6倍ズームレンズを標準装備し、投写画面サイズは40 - 600インチ。輝度はVPL-FHZ75が6,500ルーメン、VPL-FHZ70が5,500ルーメンとなる。

新開発の0.76インチLCDパネルを搭載。透過率が高く耐光性に優れた高輝度対応で、高コントラストを実現する光学補償板を内蔵することにより、安定した明るさと高画質で鮮やかな色再現が可能。また、LCDパネルに合わせて最適化した独自のデータベース型超解像LSI「リアリティークリエーション」により、コンテンツに合わせて、デジタルノイズを抑えつつ質感や立体感を高精細に表現するとしている。

高コントラストを実現する光学補償板を内蔵した、新開発の0.76インチLCDパネルを搭載

新たに独自のインテリジェントセッティング機能を搭載。プリセットされた4つの設置場所モードを切り替えることで、画質や光源出力レベル、冷却システムを自動的に調整し、使用環境に適した映像の投影を実現するという。なおプリセットの設定から、さらに緻密な調整やセッティングを行うことも可能。

明るい環境下での文字の視認性を重視した基本設定の「会議室/教室モード」、より静穏性を重視した「美術館モード」、コントラストを高めたインパクトある画質を再現する「娯楽施設モード」、複数台での投写時において色合わせを最適化した「マルチスクリーンモード」を用意。適切な設定で使用することで、長期にわたって安定した運用も可能としている。

そのほか、シーンに応じて明部・暗部のレベルを自動的に補正する「コントラストエンハンサー」機能や、経年変化に伴う色味の変化を自動的に補正する「オートカラーキャリブレーション機能」なども搭載する。

レンズシフトは、上下方向にスクリーン全高の70%から-5%、左右方向でスクリーン全幅の±32%で調整可能。さらに左右/上方向のキーストーン補正に加え、コーナーキーストーン補正、幾何学補正機能なども搭載する。

フラットで白い天面を採用し、天吊り設置時にケーブル・端子が見えないように側面の下部に端子を配置するなど、空間への調和と機能美を追求した「ブレンド・イン」デザインを採用。同輝度帯において小型軽量サイズを実現するとしている。

いずれも外形寸法(突起部含まず)は460W×169H×515Dmm、質量は約16kg。最大消費電力はVPL-FHZ75が537W、VPL-FHZ70が483W。本体カラーはホワイトとブラックの2色展開で、ブラックのみ受注生産となる。

関連記事