HDポータブルカメラやマルチパーパスカメラも

ソニー、世界初のグローバルシャッター装備2/3型3板式4Kセンサー搭載業務用カメラ「HDC-3500」

編集部:小野佳希
2018年09月14日
ソニーは、歪みの少ない高速撮影を実現できるというグローバルシャッター機能を世界で初めて備えた、2/3型3板式4Kイメージセンサー搭載のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」など3モデルを11月から順次発売する。ラインナップは下記の通り。

HDC-3100

・マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-3500」 730万円(税抜)11月発売
・HDポータブルカメラ「HDC-3100」 300万円(税抜)11月発売
・マルチパーパスカメラ「HDC-P50」340万円(税抜)2019年3月発売

HDC-3500とHDC-P50は、スポーツなどの動きの速い被写体の撮影や、高速にパン・チルトした際にも歪みの少ない映像の撮影が可能なグローバルシャッター機能を搭載。2/3型3板式4Kイメージセンサーへの同シャッター機能の搭載は世界で初めてだという。

加えて、イメージセンサーの性能を最大限に生かすプリズムを新たに開発し、高精細で広色域の色再現を実現した。4K・8K放送の国際標準規格(ITU-R BT.2020)にも対応する。

HDC-3500は、カメラコントロールユニット「HDCU-3100」と光ファイバーケーブル1本でダイレクトに接続することが可能。これにより、最長2kmの信号伝送と給電を実現する。オプションの4Kプロセッサーボードを取り付けることで、4K HDRライブ制作やSMPTE ST 2110方式によるIPシステムにも対応できる。

HDC-3500

HDポータブルカメラ「HDC-3100」は、新開発の2/3型3板式HDイメージセンサーにグローバルシャッター機能を搭載。F12の高感度、62dBの高S/Nなど高画質を実現させている。

HDC-P50

マルチパーパスカメラ「HDC-P50」は、小型軽量で設置場所の自由度を高めたモデル。本体に搭載された12G-SDI端子から4K映像を出力することができるため、シンプルなシステム構成でスポーツ中継や空撮、クレーン撮影など多彩なシーンで活躍するとしている。

関連リンク

関連記事