輝度10,000lmを実現

ソニー、業務用レーザープロジェクター「VPL-GTZ380」。プロジェクター用「X1 Ultimate」搭載

編集部:押野 由宇
2020年08月24日
ソニービジネスソリューションは、 ネイティブ4K(4,096×2,160) SXRDパネルを搭載した業務用レーザー光源プロジェクターのフラグシップモデル「VPL-GTZ380」を、2021年1月に発売する。価格はオープンで、市場推定価格は税抜8,500,000円前後。

「VPL-GTZ380」

新開発の0.74インチ4K SXRDパネルを搭載した光学エンジンと、パネルに採用する新たな液晶素材により、16,000:1の高コントラストと10,000lmの高輝度を実現。SXRDはSilicon X-Tal(crystal) Reflective Displayの略で、シリコン基盤上に平坦な反射膜を形成し、光の乱反射を抑えて締まりのある映像を再現するという。

レーザー光源の光学構造

DCI-P3、HDR(HDR 10/HLG)に対応。さらにソニーのテレビ「ブラビア」シリーズの高付加価値モデルに搭載されている高画質プロセッサー「X1 Ultimate」をプロジェクター用に最適化した「X1 Ultimate for projector」を搭載。リアルタイム信号処理の速度が上がり、画質が向上したとする。またプロジェクター向けの新機能として、ダイナミックレンジを高めるダイナミックHDRエンハンサーや、より深みのある黒を実現するデジタルコントラストオプティマイザーも搭載する。

追加ライセンス「LSM-120P1」(既発売)の適用で、低遅延の4K 120pに対応するほか、暗視ゴーグルを使用した夜間レスキュー訓練などの用途を想定し、赤外光の投射に対応する追加オプション「LSM-NVG1」(2021年1月発売、市場推定価格2,200,000円前後/税抜)も提供する。

こうした性能により、本製品は美術館や博物館、企業におけるデザインシミュレーションに加え、プラネタリウム、e-Sportsなどのビジュアルエンタテインメントといった、幅広い分野で活用できるとアピールする。

関連記事