4色展開

パナソニック、ケーブル一体型Bluetoothイヤホン「RP-HTX20B」。ワントーンでデザイン性も重視

編集部:風間雄介
2019年03月07日
パナソニック(株)は、ケーブル一体型のBluetoothイヤホン「RP-HTX20B」を4月19日に発売する。価格はオープンだが7,000円前後での販売が予想される。

本体色はキャメルベージュ、クールグレー、マットブラック、バーガンディレッドの4色。同社のヘッドホン「RP-HTX80B」で好評の “ワントーンデザイン”をイヤホンでも採用した。また様々な服装に合わせやすいよう、マットな質感を採用したという。

「RP-HTX20B」

ドライバーは直系9mmのダイナミックドライバーで、Bluetoothのバージョンは4.2、コーデックはSBCに加えてAACにも対応する。

イヤホン部は耳にしっかりとフィットする楕円形のダブルホールド形状を採用し、着けやすく外れにくい装着感を実現したという。

またケーブル部はファブリックケーブルで、上質感と絡みにくさを両立させている。またバッテリー持続時間では、SBC接続時の連続再生時間が約8時間30分。イヤーピースはS、M、Lが各2個付属する。

関連記事