新モデル5機種を発表

<CES>SOL REPUBLIC、ノイキャン完全ワイヤレスイヤホン「AMPS AIR+」。スマートトラッカー「TILE」とのコラボ機なども

編集部:小野佳希
2019年01月10日
米国ラスベガスで開催されている「CES2019」。SOL REPUBLICは、アクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「AMPS AIR+」や、なくしたり見つからないときにスマートフォンアプリで存在場所を探せるスマートトラッカー機能を内蔵したBluetoothイヤホン「SHADOW FUSION WITH TILE」などの新製品を発表した。

AMPS AIR+

完全ワイヤレスイヤホン「AMPS AIR+」は、その名の通り、日本でも展開しているAMPS AIRシリーズの新モデル。ブランド初のアクティブノイズキャンセリング機能搭載モデルとして進化したほか、IPX5相当の防水性能も備えている。約5時間の連続音楽再生が可能で、本体を4回充電できるケースも付属する。10月に199.99ドルでの発売を予定している。

ネックバンドタイプのBluetoothイヤホン「SHADOW FUSION WITH TILE」では、スマートトラッカー「TILE」とコラボ。本体が見つからない際にTILEのスマホアプリを使うことで、音や光で存在場所を教えてくれる。129.99ドルで2月の発売を見込んでいる。

写真左がSHADOW FUSION WITH TILE。右は後述するFREESTYLE WIRELESS

また、30時間の連続再生が可能な重低音Bluetoothヘッドホン「SOUNDTRACK」(149.99ドル/7月発売)と、そのノイズキャンセリング機能付きモデル「SOUNDTRACK PRO ANC」(199.99ドル/10月発売)も発表。SOUNDTRACK PRO ANCは24時間以上の連続再生時間を持ち、ノイズキャンセリング機能オフ時は48時間の使用ができる。

SOUNDTRACK PRO ANC

そのほか、IPX5相当の防水対応で装着感にもこだわったというBluetoothイヤホン「FREESTYLE WIRELESS」も発表。こちらは7月に79.99ドルでの発売を予定している。

関連記事