ULEDテレビの新フラグシップ「U7E」も

ハイセンス、4Kチューナー内蔵55型有機ELテレビ「E8000」。“日本基準画質” で約23万円

編集部:押野 由宇
2019年02月19日
ハイセンスジャパンは、高画質エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載した4K有機ELテレビ「E8000」シリーズを4月上旬(関連レビュー)、4K ULEDテレビ「U7E」シリーズを3月中旬より発売する(関連レビュー)。

「55E8000」

・55型有機ELテレビ「55E8000」 230,000円前後(税抜)
・65型ULEDテレビ「65U7E」 180,000円前後(税抜)
・55型ULEDテレビ「55U7E」 150,000円前後(税抜)

「U7E」シリーズ

両シリーズともに、東芝映像ソリューション株式会社との共同開発により生まれた、高画質映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載。「日本基準の画質を実現」したとアピールする、ハイセンスブランドにおける有機ELとULEDテレビのフラグシップモデルとなる。

日本基準画質をアピールする

E8000は高コントラストかつ倍速120Hz対応の新世代4K有機ELパネルを搭載しており、有機物を1画素単位で光らせることで圧倒的な黒の世界と立体感を再現するとし、同社は「映像とのリアルな一体感を得られる」とアピールする(レビュー記事はこちら)。

「55E8000」

またレグザエンジンNEO plusにより、新4K衛星放送での超解像処理とノイズ除去や、地デジ視聴時に3段階でアップスケールを施し超解像処理とノイズ除去するなどの高画質処理を実施。エリア別高画質復元。さらにフレーム間の補間により滑らかな映像を実現するというSMR技術を搭載する。

SMR技術により滑らかな映像表現を実現したとする

高画質エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載

HDRはHDR10およびHLGに対応。また視聴する環境に合わせて画質を調整する「環境適応型自動画質調整」により、暗い部屋や明るい部屋などの環境に合わせて自動調整が行われることで、画質もさることながら目の負担へも配慮した。

新4K衛星放送に対応のBS/CS 4Kチューナーを1系統内蔵。地上デジタル/BSデジタル/110度CSの3チューナー搭載により、2番組同時録画が行える。またSeeQvaultに対応した外付けHDDでの録画が行える。

ハイセンスのスマートテレビに採用されるオリジナル技術「VIDAA」を日本向けにチューニングして採用し、現時点NetflixやYouTubeなど11種類のVODサービスやその他アプリが直感的な操作で選択できる。

VIDAAによる使いやすさを考慮したホーム画面

サウンド面では2ウェイスピーカー2基を搭載し、独自のイコライザー/サラウンド機能「Hi-sound pro」システムやドルビーオーディオ対応、さらには人の声を聞きやすくする「Clear Sound」や「Bass Boost」により音質の強化を図った。Amazon AlexaやGoogle Assistantでの音声操作にも対応する。

デザインは、色や質感に高級感を持たせたスタイリッシュかつスリムなデザインで、日本市場に合わせたとしている。

U7Eは、レグザエンジンNEO plusに加え、倍速120Hz、DCI-P3 95%の色域、HDRをカバーするハイセンス独自の「ウルトラLED/バックライトLCD」技術を採用。1つの画面内でバックライトの明るさを部分ごとに制御し高コントラストを実現し、さらに、高彩度、広色域、きめ細やかな明暗表現により、色鮮やかでリアルな映像美を再現するという(レビュー記事はこちら)。

「55U7E」

また画像処理を圧縮することで、ボタンを押してから反応までの時間を短縮するという低遅延の「ゲームモード」を搭載。同社ではFPSや格闘ゲームといったジャンルに最適と説明している。ほか、動きの早いシーンを滑らかに描写できるとする、スポーツの鑑賞に適した「スポーツモード」も搭載している。

低遅延という「ゲームモード」を搭載

チューナーはE8000と同仕様で、BS/CS 4Kチューナー×1と3波3チューナーを内蔵。またVIDAAに関しても同じく搭載。さらにサウンドについては、背面にサブウーファーを搭載しており、迫力のある鑑賞が楽しめるとする。

本日ハイセンスジャパンは、本シリーズのメディア向け発表会を実施。冒頭、ハイセンスジャパンの李文麗代表取締役社長が登壇し、「昨年、レグザエンジンの画質を受け継ぐ『A6800』シリーズを発表したが、今回、さらにグレードアップさせたレグザエンジンNEO plusとVIDAAを搭載し、これまでにないほどの画質と使いやすさを備えた3モデルを発表できた。また今後もスポーツへの取り組みも、サッカーを中心に力を入れ、UEFA2020のオフィシャルスポンサーとして応援していく」と挨拶。

李文麗代表取締役社長

続いて同社の岩内順也氏が「レグザエンジンNEOをさらに進化させたレグザエンジンNEO plusは、非常に優れた画質エンジンになっていると自負している。その高画質エンジンを持って、ハイセンスは日本基準画質を実現した。さらに今年は、日本国内テレビ出荷台数シェア10%を目指す」としたうえで、「これまで様々な有機ELテレビを見てきたが、E8000は格別なモデルと自負している。またU7Eはスポーツやゲームを楽しむ方にピッタリなハイパフォーマンスモデルだ」と自信を見せた。

岩内順也氏

関連リンク

関連記事