1.8万円前後

ソニー、AIノイズキャンセリング搭載のネックバンド型Bluetoothイヤホン「WI-C600N」

編集部:平山洸太
2019年01月10日
ソニーは、周囲の環境音を解析して最適なモードを自動選択してくれるAIノイズキャンセリング機能を搭載したネックバンド型Bluetoothイヤホン「WI-C600N」を1月26日に発売する。価格はオープンだが、18,000円前後での実売が予想され、カラーはブラック、グレー、ブルーがラインナップされる。

「WI-C600N」

左から、ブラック、ブルー、グレー

AIノイズキャンセリング機能や独自開発の高感度6mmダイナミックドライバーを搭載。同社では「音質、音漏れ、重低音、フィット感や装着感といった基本ニーズの全てにこたえるとする、スタンダードモデル」だと位置づけている。

装着した様子

ノイズキャンセリングには、周囲の環境音を解析し、3つのモードから最適なノイズキャンセリングモードに切り替える「AIノイズキャンセリング」を搭載。またBluetooth接続の切断時に自動で電源をオフにしたり、ノイズキャンセリングだけ使用するといった設定も可能。音漏れ防止のニーズを踏まえ、本機のノイズキャンセリングを活用することで音量を上げなくても音楽リスニングが楽しめるとアピールしている。

ドライバーユニットには、独自開発の高感度6mmダイナミックドライバーを搭載。圧縮音源で失われがちな高音域と消え際の微小な音を再現する独自技術DSEEも搭載するほか、アプリでは低音域のイコライジングなど音質カスタマイズにも対応する。

アプリの画面

Bluetooth接続が切断されてから一定時間が経つと自動でオフにする設定が選べる

ネックバンド部のケーブルは首元にフィットする柔らかい設計。加えて左右にリモコンを配置するなど、左右のバランスを考慮することで、ずれにくく安定した装着を目指している。またケーブル長は邪魔にならない長さが考慮されたほか、使わないときにまとめておけるよう、ハウジング部にはマグネットが同社で初めて搭載された。

ハウジングにはマグネットを内蔵する

ネックバンド部のケーブルがやわらかい

音楽を聴きながら周囲の音を聴くことができる外音取り込み機能を搭載。Siri、Googleアシスタントといた音声アシスタントにも対応し、ハンズフリーの通話も可能。NFCも搭載しており、スマートフォンとの接続はワンタッチで行える。

右側には、NC/AMBIENTボタンを搭載

左側のリモコンには、電源、音量、再生/停止などを備える

連続再生時間は、6.5時間(NC使用)/7.5時間(NC不使用)となっており、15分の充電で60分の再生が可能な急速充電にも対応、充電はUSB Type-Cで行う。なおフルまでの充電時間は約2.5時間。

充電にはUSB Type-Cが採用

質量は約34gで、Bluetoothの対応コーデックはaptX、AAC、SBC。USB Type-Cケーブル、ハイブリッドイヤーピースロング(SS/S/M/L)が付属する。

関連リンク

関連記事