日本市場導入を発表

ソニー、音楽再生機能内蔵の防水完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」。約3万円で10月27日発売

編集部:小野佳希
2018年09月26日
ソニーは、IFA 2018で海外発表していた完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」の日本市場導入を発表。10月27日に発売する。ブラック、ホワイト、イエローの3色を揃え、オープン価格だが3万円前後での実売が予想される。

WF-SP900

「WF-SP700N」など、同社完全ワイヤレスイヤホンの中でもスポーツ向けを謳ったラインの新モデル。防水防塵仕様であることに加え、プレーヤー機能も備え、内蔵メモリー(容量4GB)に保存した音楽を本機単体で再生できる。防水防塵性能はIP68相当で、独自規格により海中でも使用できる。

全3色で展開

これらにより、水泳などにも使用できると同社はアピール。激しいスポーツで片耳だけ紛失しないよう、左右筐体をつなぐリーシュコードを取り付けることもできる。

リーシュコードを取り付けたところ

本体ノズルはイヤーピースの深さを2段階から選べる機構となっており、より深い位置まで押し込んでイヤーピースを装着するか、浅めの位置にするかを選べる。さらに、ヘッドホン部への水の侵入を防ぐ構造を採用することで防水性能を高める、水泳用イヤーピースも付属する。

ノズル部にイヤーピース装着用の凸部が2段階用意されている

また、耳のくぼみにフィットするシリコン製の「アークサポーター」を3サイズ付属。SP700NではMとLの2サイズ付属だったが、今回からSサイズも付属するようになった。

さらに約7.3gという小型軽量化も実現。これらの工夫によって装着性を向上させ、不意に耳から外れて紛失しないよう配慮した。

Bluetoothのバージョンは4.0で、SBCおよびAACコーデックに対応。筐体左右間の通信はNFMI(Near Field Magnetic Induction:近距離磁界誘導)を採用するほか、アンテナ構造等を刷新し、低遅延と左右の安定した接続を実現したという。

ドライバーには、XBA100等にも搭載しているソニー製BAドライバーを採用。同ドライバーでは、シンメトリックアーマチュアとダイレクトドライブ構造を採用し、機械振動系のリニアリティを向上させており、入力信号に忠実に振動板を駆動して透明度の高い中高音を実現するとしている。

音質面ではそのほか、完全ワイヤレスイヤホンが使われる行動的なシチュエーションを考慮し、ボーカル帯域のニュアンスを聞き取りやすいようチューニング。これによって防水性能とクリアな音質を両立したという。

本体ボタンを1回押すと音楽再生/停止、2回押しで曲送り、3回押しで曲戻しなどの操作方法は従来から継続。これに加え、今回から新たにタップセンサー2度押しでボリューム調整もできるようになり、左側本体を2度タップするとボリュームダウン、右側本体の2度タップでボリュームアップが行える。

なお、外部の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」も引き続き搭載。本体左側の操作ボタンを1度押しで同機能のオン/オフを切り替えられる。

スマートフォンアプリ「Headphones Connect」および「Music Center」との連携にも引き続き対応。Headphones Connectではクイックサウンド設定や音質モード切替などの従来からの機能に加え、新たにイコライザー調整がカスタム対応になった。Music Centerでは「マイライブラリー」および「ミュージック」でスマホ本体内の音楽再生、ヘッドホン柄のアイコンがついた「MUSIC」で本機SP900内の楽曲再生が行える。

専用ケースは本体を約3回分満充電することが可能。充電性能が従来より1回分増えた。なお、イヤホン本体は内蔵メモリーの楽曲再生時に最大6時間、Bluetooth再生時で最大3時間の連続音楽再生が行える。

専用ケースは充電可能回数が従来より1回分増えた

関連記事