タッチパッドの機能拡張なども

「Xperia Ear Duo」が機能強化アップデート。「ダイナミックノーマライザー」など追加

編集部:小野佳希
2018年09月10日
ソニーモバイルは、耳を塞がない独自の音導管設計を採用し、スマートアシスタント機能も備える完全ワイヤレスイヤホン“Xperia Ear Duo”「XEA20」をアップデート。「ダイナミックノーマライザー」の追加など機能強化する最新ファームウェアの提供を開始した。アップデートで追加される機能は下記の通り。

Xperia Ear Duo

■ダイナミックノーマライザー(※Android/iOS両対応)

音量レベルが小さい音源を持ち上げて、音源同士の音量レベルをそろえる新機能。Xperia Ear Duo専用アプリケーションの「機器の設定」にある「オーディオ設定」から「ダイナミックノーマライザー」機能をONにすると、周囲の騒音が大きい環境でもはっきり音楽やラジオを聞くことができる。音楽アプリだけでなく、Radiko.jpやYouTubeなどのアプリケーションでも有効。

■iOSの通知の読み上げ(※日本語は9月末以降に対応)

発売当初からAndroidで対応していた「スマートフォンの通知の読み上げ」機能がiOSにも対応。スマートフォンの画面を見ることなく、メッセージやスケジュールなどのアプリからの通知を音声で確認できるようになる。なお、日本語の音声はAndroidと同様に、声優の寿美菜子さんが担当。日本語は9月末以降にリリース予定のアプリバージョン1.2.1から対応予定(英語、中国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語のiOSの通知読み上げは、ファームウェアバージョン1.2.0から対応)。

■発信者の読み上げ(※Androidのみ対応/iOSもiPhoneの設定を変更することで対応可)

電話の着信があった際に、「○○さんから電話です」と読み上げてくれる機能が新たに追加。スマートフォンの画面を見ることなく、電話の相手を知ることが可能になった。Androidであれば、専用アプリケーションの「アシスタント設定」から「発信者の読み上げ」機能のON/OFFを選択できる(デフォルトではON)。なお、iOSの場合はiPhoneの端末設定を変更することで着信時の発信者名の読み上げに対応している。

■タッチパッドの機能拡張(※Androidのみ)

「現在時刻の読み上げ」と「特定の人にLINE送信」が、新たにタッチパッドの設定に割り当てられるようになった。「現在時刻の読み上げ」をタッチパッドの機能にアサインすることで、時計を見なくともXperia Ear Duoをタップすることで現在時刻を確認できる。

また、「特定の人にLINE送信」の設定では、よくLINEを送る相手をあらかじめ「宛先」に登録しておくことで、アシスタントに音声で指示しなくとも特定の相手を指定できる。

さらに、任意設定でLINEの本文もあらかじめ登録しておくことができ、「これから帰るよ」などといった普段よく送るメッセージを登録しておくと、Xperia Ear Duoをタップするだけで特定の相手へのメッセージ送信が完了する。


今回のアップデートではこのほか、「ヘッドジェスチャーの精度改善」「アダプティブボリュームコントロールの性能向上(風の影響を受けにくくなった)」「音質優先モードの遅延の改善」「通話時の受話音量の改善」「安定性改善」も行われた。

関連記事