深層学習を活用

<CES>Amazonとサムスン、8K映像ストリーミング配信を2020年に実現へ

編集部:風間雄介
2019年01月09日
2019 International CESのサムスン プレスカンファレンスには、同社が以前から親しくしているAmazon Prime VideoのHead of Video Playback Technology、BA Winsoton氏が登壇した。

Amazon Prime VideoのHead of Video Playback Technology、BA Winsoton氏

Winston氏は壇上から去り際、8Kストリーミングについてちらっと話したのだが、その詳細が語られることはなかった。本日サムスンブースに行って話を聞いたところ、その概要がわかった。

サムスンは、深層学習アルゴリズム(畳み込みニューラルネットワーク)にもとづいた8Kストリーミング技術を所有。これを使うことで、8K動画を高圧縮率でエンコードでき、すでに存在するネットワーク環境で、リルタイムに伝送することができるのだという。

そして、Amazonとサムスンが協業。このサムスンの技術をベースとして、8Kエコシステムを作るべく、研究開発を行っているのだという。

説明員によると、この技術を使った8K映像配信が実現するのは2020年とのこと。つまり来年には8K映像のストリーミング配信が実現するかもしれない、ということだ。期待して待ちたい。

関連記事