プレスカンファレンス速報(2)

<CES>LG、巻取り式有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV R」や88型8K有機ELテレビ発表

編集部:小野佳希
2019年01月08日
米ラスベガスで現地時間1月8日から開幕するCES 2019を前に、LGはプレスカンファレンスを開催。同社製テレビでのアップルAirPlay対応や、ディスプレイ巻き取り式有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV R」、88型8K有機ELテレビ「Z9」などを発表した。本稿ではテレビについての速報をレポートする。

LG SIGNATURE OLED TV R

「LG SIGNATURE OLED TV R」は、曲げられるディスプレイ部をスピーカー部に格納できる有機ELテレビ。製品名に冠している「R」は、「ROLL」「RISE」「REVOLUTION」を意味している。

ディスプレイ部を巻き取ってスピーカー部に格納できる

通常のテレビとして使用する「FULL View」、ディスプレイの一部だけ残すことで時計や各種機能のアイコンを表示しておく「Line View」、ディスプレイを完全に格納しておく「Zero View」という3つのスタイルで利用可能。使用していないときには「Zero View」で存在感を消しておき、映像を視聴する際にだけ「FULL View」にするなどといったことができる。

88型8K有機ELテレビ「Z9」は、最新世代の映像プロセッサー「α9 Gen 2」を搭載。AIを活用したディープラーニング技術により、画質だけでなく音質も向上させるという。

Z9

トーンマッピングを視聴環境に最適化する技術も搭載するほか、ドルビービジョンにも対応。音声面では2chコンテンツのバーチャルサラウンド化機能も搭載している。

そのほか、テレビではNanoCell技術を採用した「NanoCell TVシリーズ」も発表。また、2019モデルは独自のThinQ AIと従来からのGoogleアシスタントに加え、Amazon Alexaにも対応することや、HDMI 2.1対応も発表した。

関連リンク

関連記事