国内外のバリエーション豊かな製品が集合

<ポタフェス>STAX、屋外で使える “密閉カバー” 製品版を展示/プロオーディオブランドのMACKIEが初出展

編集部:成藤 正宣
2018年12月16日
東京・秋葉原にて、12月15日から16日にかけて、国内外190ブランドが集結するイヤホン・ヘッドホンの祭典「ポータブルオーディオフェスティバル2018冬」が開催されている。本記事では、STAX/音響特機/SATOLEX/エム・エス・シー/Mother Audio/パイオニアブースの模様をお伝えする。

STAX

STAXは、12月13日に発売したばかりの同社静電型イヤースピーカー用密閉カバー/イヤーピースセット「CES-A1」を出展した(関連ニュース)。

静電型イヤースピーカーを専門に出展するSTAX

これまでイベントで数回に渡り試作機の出展を行ってきたアクセサリーで、「SR-003MK2」「SR-002」など小型タイプのイヤースピーカーに取り付けることで遮音性を高め、屋外のリスニングにも適応させるもの。遮音カバーは樹脂製で簡単に着脱ができ、密閉化による音質変化を抑えるよう設計したという。

イベントの反響を活かしながら開発していた遮音カバー「CES-A1」は今月13日に発売となった

また、同じく12月13日に発売した同社創立80周年を記念した静電型イヤースピーカー「SR-009 BK」(関連ニュース)については、国内販売分がほぼ完売。国外出荷分の一部を国内に戻すことも検討しているという。

「SR-009 BK」は当初予定していた国内販売分がはやくも売り切れ

音響特機

音響特機は、米MACKIEブランドのヘッドホン/イヤホンを展示した。MACKIEはこれまでミキサーやステージ向けのパワードスピーカー、モニタースピーカーなどプロ向けオーディオ機材を販売してきたブランドだが、今年1月に初のイヤホンを発表(関連ニュース)。同社がコンシューマー向けオーディオイベントに出展するのも、今回が初めてになるという。

コンシューマーイベントには初出展というMACKIE製品

イヤホンは、MMCXによるケーブル交換にも対応したイヤーモニタータイプの「MP-240」「MP-220」「MP-120」、より手頃な価格でカジュアルなユーザー層を想定した「CR-Buds+」「CR-Buds」の5モデルを展開。ヘッドホンは低音重視でDJ向けの「MC-150」、フラットバランスでモニタリング用途向けの「MC-250」をラインナップしている。

発売中のイヤーモニター「MPシリーズ」や、今月発売のヘッドホンが聴ける

SATOLEX

SATOLEXは、これまで自社開発を行ってきたヘッドホン/イヤホンの試聴会を開催。手頃な価格と日本製にこだわるハイレゾ対応イヤホン「DH298-A1“Tubomi”」や、その筐体材質を変えたバリエーションモデル、耳掛けタイプの上位モデル「DH303-A1“Tsumuri”」、ヘッドホン「DH297-A1DR」等が試聴できる。

手頃な価格で自社開発/日本製のハイレゾ対応イヤホンをラインナップするSATOLEX

また、開発中の“Tubomi”USB Type-C接続タイプも参考出展し、手持ちのスマートフォンなどと接続して試聴が可能。これまでイベントで出展していたものからDACチップを変更し、音質向上を図っているという。

既にハウジングをアルミや銀製にかえたバリエーションモデルを展開している“Tubomi”に、USB Type-Cモデルも追加予定

エム・エス・シー

エム・エス・シーは、自社ブランドM-SOUNDSの完全ワイヤレスイヤホンと、同社が流通に携わっているロジクールJaybirdブランドのBluetoothイヤホンを出展した。M-SOUNDSからは、4gの軽量さがポイントの「MS-TW1」と、その上位モデルでBluetoothのバージョンアップや防汗設計、片側だけ紛失しても安価に再購入できる「あんしん補償サービス」などを追加した「MS-TW2P」の2モデルを出展。どちらも完全ワイヤレスとしては手頃な価格設定で注目されていた。

エム・エス・シーは、自社ブランド製品に加えロジクールのJaybirdブランドも出展

軽さと手頃な価格が魅力のM-SOUNDS完全ワイヤレスイヤホン。紛失などの保険サービスも用意

Jaybirdでは今年からスタートした新ライン「TARAH PRO」「TARAH」、従来モデルの後継機「X4」の3製品を出展。いずれも防水対応で、ジェルを充填した独自のイヤーピース「イヤージェル」が付属する。同社スタッフに尋ねてみたところ、初めてブランドに触れる来場者はTARAHシリーズ、既にJaybirdブランドに馴染みのある来場者は、従来モデルの系譜を継ぐX4に興味を持つ方が多いという。

Jaybirdのスポーツ向けBluetoothイヤホンには、今年から新ライン「TARAH」が追加

Mother Audio

北日本音響株式会社は、約40年のスピーカー開発/製造業務で培ったノウハウを投入した自社ブランド・Mother Audioを出展している。

現在のラインナップは、ジルコニウムベースの“液体合金金属”ハウジングとベリリウム振動板を採用するフラグシップ「ME8」、真鍮ハウジングのスタンダードモデル「ME5」、ステンレスハウジングのエントリーモデル「ME3」の3モデル。中でも、上位モデルで得た知見を活かしながら価格を抑えたME3が、最も人気があるという。

Mother Audioは、いずれもベリリウム振動板を搭載する3モデルのイヤホンを展開

同社スタッフによれば新製品の開発も進行中で、イヤホン/バランスケーブル/ワイヤレスの3ジャンルを計画しているとのことだ。

パイオニア

パイオニアは、ハイレゾ対応のワイヤレスオーディオシステム「Stellanova」を出展。専用スマートフォンアプリ「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」のアップデートで追加された新機能の紹介や、試聴後の感想をSNSに投稿すると抽選でプレゼントがもらえるキャンペーンを開催している。

パイオニアStellanovaは堅実なアップデートが重ねられている点も魅力

五角形のユニークなイコライザー画面

「Wireless Hi-Res Player 〜Stellanova〜」では、本体形状と同じ五角形をかたどった独自のイコライザー設定画面や、楽曲ごとのイコライザー設定、ローカルライブラリ/外部ストレージなどを問わない楽曲レーティング毎再生などが利用可能。11月29日に配信開始した最新バージョンからは、アプリからのレーティング変更/レーティング毎のプレイリスト作成機能や、再生画面からワンボタンで再生中の楽曲やアーティストの情報を検索する機能などが加わった。

audio-opus

audio-opusは、同社取り扱いのポータブルオーディオプレーヤーを出展。参考出展として、新しいフラグシップモデルとして開発中の「OPUS #4」を出展している。価格/発売日は未定。

開発中の最上位DAP「OPUS#4」を展示

OPUS #4はDACにAK4497を2基搭載、PCM768kHz/32bit、DSD 11.2MHzネイティブ再生に対応。ディスプレイは5.0型で、ユーザーインターフェースは新設計しているとのこと。また性能は最上位を目指しているが、価格はこれまでの製品同様、可能な限り抑えたいとしていた。

リアルアシスト

リアルアシスト・ミミソラ事業部は、同社が取り扱うイヤホンブランドKINERAの製品と共に、今後取り扱いを予定しているブランドの参考出展も行っている。

発売中のKINERAブランドを始め、取り扱い予定の新規ブランド製品も出展

新規ブランドとしては、タッチ操作対応で予価8,000円前後の完全ワイヤレスイヤホン「G1 pro」等を展開するHavit、ダイナミックドライバーが透けて見える独特なハイブリッド型イヤホン「BA-T9」等を展開するUiiSii、KINERAが携わって新たに立ち上げられたというTipsyといったメーカーが紹介されていた。

ダイナミックドライバーが透けて見える独特なデザインのハイブリッド型「UiiSii BA-T9」

タッチセンサー内蔵の「Havit G1 pro」

伊藤屋国際

伊藤屋国際は、同社が取り扱う多数の国外ブランド製品を出展。DAP、アンプ、イヤホン、リケーブルと製品ジャンルも幅広い。

多彩なブランドを取り扱う伊藤屋国際ブース

今月末に19,800円前後で発売を予定する1BA/1DDのハイブリッドイヤホン「Whizzer Kylin A-HE03」をはじめ、価格/発売日調整中の製品も参考出展。DAPが人気のSHANLINGブランドからは、10mmナノコンポジットダイアフラムを採用するというブランド初のイヤホン「ME100」、低価格のハイブリッドイヤホン「KZ ZST」に銀メッキ導体のUSB-Type C接続リケーブルを付属したパッケージ、SoundsGoodブランドのトップエンドモデルとして開発中の純銀ケーブル等が紹介されていた。

DAPが人気のSHANLINGブランドが初めて開発したイヤホンや、アルミ-マグネシウム合金ハウジングのWhizzerのイヤホンなどを発売予定

関連記事