スター・ウォーズのVRも登場

VRヘッドセット「Oculus Quest」'19年発売、399ドルから。スタンドアローンで高品位ゲーム

編集部:風間雄介
2018年09月27日
Oculusは、スタンドアローンで動作するVRヘッドセット「Oculus Quest」を2019年に発売する。価格は399ドルから。

「Oculus Quest」

同社のVRヘッドセットで、スタンドアローンで動作する廉価機には「Oculus Go」(レビュー記事)があるが、本機は左右の「Oculus Touch」コントローラーを備え、VRの中でものを掴み、投げ、手応えを感じることができる。これによって臨場感を高めるという。コントローラーにはジョイスティックやボタンも備えている。

また「Oculus Insightトラッキング」も搭載し、自分の体の動きを瞬時に反映。たとえば障害物を避けるといった体の動きをVRゲームに反映できる。

装着イメージ

ゲームソフトでは、ILMxLABとOculusが共創するスター・ウォーズVRシリーズ「Vader Immortal:A Star Wars VR Series」が登場。2019年にOculus Questでもプレイできるようになる見込みだ。

なおOculusでは、Oculus Riftを「VRゲームを楽しむための最高の環境」、Oculus Goは「VRで『見る』ための新しい形」、Gear VRについては「スマートフォンでどこでもVR体験」とそれぞれの機器を紹介。これに安価でなおかつ高品位なゲームが楽しめる「Oculus Quest」が加わることになる。

関連リンク

関連記事