DLCコーティング振動板を採用

オーディオテクニカ、チタン製ハウジング採用のポータブルヘッドホン「ATH-AP2000Ti」 14万円前後

PHILE WEB編集部
2018年09月12日
オーディオテクニカは、ポータブル向けの密閉ダイナミック型ヘッドホン「ATH-AP2000Ti」を10月19日より発売する。価格はオープンだが、140,000円前後での実売が想定される。

「ATH-AP2000Ti」

発表会で展示された「ATH-AP2000Ti」の実機

同時発表された「ATH-CK2000Ti」「ATH-CM2000Ti」(関連ニュース)と共に、同社ポータブルオーディオのフラグシップに位置付けられるヘッドホン。3モデル共通の特徴として、音響特性に優れたチタニウム製ハウジングを採用している。

同時に登場したイヤホン「ATH-CK2000Ti」(写真後)と共に、同社ポータブルオーディオのフラグシップに位置付けられる

チタニウムハウジング表面は、イオンプレーティングを施して表面硬度をさらに高め傷を防ぐと共に、色味もシックなものにしたという。ヘッドバンド部のアームとスライダーにはマグネシウム合金を採用して、強度と軽量化を追求した。

アームやヘッドバンドには軽量なマグネシウムを採用

チタニウム製ハウジングを採用

高い磁束密度が得られるパーメンジュールを採用した磁気回路と、DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板、鉄芯ヨークなどを採用したΦ53mmドライバーを搭載。また、独自のコアマウントテクノロジー(PAT.P)とD.A.D.S.(Double Air Damping System)構造により、広帯域再生を実現するとのこと。

イヤーパッドは立体縫製としており、耐久性能としなやかな肌触りを両立させたシープスキン、低反発素材を用いている。

イヤーパッドは立体縫製で、表面にはシープスキンを採用

ケーブルは着脱式で、同社独自のA2DCコネクターを採用。ケーブルには高純度銅の6N-OFC導体を採用しており、バランスケーブルとアンバランスケーブルの両方が付属する。

同梱されるΦ4.4mmバランスケーブルのプラグ部

バランスケーブルは長さ1.2m、Φ4.4mm 5極プラグ仕様。アンバランスケーブルは3m/ステレオ標準端子と1.2m/ステレオミニ端子の2種類を同梱する。いずれのケーブルも、L/Rでグラウンドを分離したスターカッド撚り線として、クロストークを低減している。

出力音圧レベルは100dB/mW、周波数帯域は5Hz〜50kHz、最大出力は2,000mW、インピーダンスは44Ω。質量は約300g。

関連リンク

関連記事