価格は33万円

LG、4K/HDR対応プロジェクター「HU80KS」。縦型デザインで自由度の高い設置が可能

編集部:押野 由宇
2018年07月25日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、プロジェクターシリーズ『CineBeam(シネビーム)』の新製品として、同社初となる 4K/HDR対応レーザープロジェクター「HU80KS」を8月17日(金)より発売する。価格はオープンだが330,000円前後での実売が予想される。

「HU80KS」

HU80KSは、4K(3840×2160)の高精細な映像を再現するとともに、HDR10にも対応したレーザープロジェクター。 “I型” のエンジンを搭載することで、質量約6.7kg、高さ約47cmの縦長ボディ設計としている。またハンドルを実装し、電源コードも巻き取り式とすることで、持ち運びにも配慮した。

画面投影は最大150インチ(横幅約 3.3m)に対応。1秒間に60フレームの再生が可能で、映像のフレーム間に新たにフレームを挿入する「TruMotion」によって、フレームレートの低い映像でもなめらかな映像で楽しめるとしている。

映像の投影にミラーを採用することで、投影位置が簡単に調節でき、台形に歪んだ映像も自動的に補正、左右反転される。ミラーを畳めば、天井への投影、天井への設置、テーブルの上に置くことも可能となっている。

投影イメージ

レーザーダイオードのライトは約20,000時間と長寿命で、ランプ交換の手間やコストを削減することができるとアピール。また起動が早く電源のオンオフがスムーズで、鮮やかな色彩表現が可能とする。

ほか、webOSを搭載しYouTubeやNetflixなどのコンテンツにもアクセスしやすく、付属のマジックリモコンを使用することでポイント&クリックで直感的な操作を実現したという。

明るさは2,500lm、コントラスト比は150,000:1。7W+7Wのスピーカーを内蔵し、Bluetooth接続により対応外部スピーカーやワイヤレスイヤホンなどへの音声出力も行える。

HDMI端子は2系統、USBは3.0×1、2.0×1を装備。ヘッドホン出力も搭載する。外形寸法は165W×474H×165Dmm。

関連リンク

関連記事