年内の発売を目指す

アイ・オー、新4K衛星放送用外付けチューナーを開発中と発表

編集部:小野佳希
2018年05月31日
アイ・オー・データ機器は、12月1日からスタートする「新4K8K衛星放送」を受信できる外付け4Kチューナーボックスを、年内の発売を目指し開発していることを発表した。


新4K放送で採用されるHLG方式のHDRに対応。型番やその他スペックなどの詳細はまだ明らかにされていない。本製品の他、録画用ハードディスクや4K対応液晶ディスプレイなど、関連製品のラインアップの拡充にも努めていくとしている。

なお、新4K放送受信チューナーはアイ・オー・データの他、ピクセラ、ソニー、パナソニック、東芝なども開発中であることを表明しているが、各社とも詳細な発売時期は発表していない。

関連記事