「5万円以下は確実」

シャープ、新4K衛星放送を受信できる「4Kチューナー」を開発発表。11月下旬発売予定

編集部:川田菜月
2018年06月07日
シャープは、12月1日開始の新4K衛星放送を受信できる「4Kチューナー」の開発発表を行った。価格は未定、発売は11月下旬を予定している。

・「4Kチューナー」11月下旬発売予定 ※仕様および価格は未定

今回発表された「4Kチューナー」は、他社製含む4K対応テレビとHDMI接続することで、2018年12月1日に放送開始となる新4K衛星放送の受信が可能。CASはACASチップで、チューナー本体に内蔵されており、取り外しは出来ない。なおチューナーの価格は未定だが、同社によると「5万円を下回ることは確実」という。

「4Kチューナー」は11月下旬発売を予定

背面端子部

放送で送られてきた4K/HDR映像を見ることはもちろん、HDR-SDR変換して4K/SDR映像を出力することや、フルHDなどへダウンコンバートして出力することもできるようになる見込み。

接続のイメージ図

AQUOSと組み合わせれば、テレビのリモコンでチャンネル変更などの操作が可能だ

AQUOSシリーズとの組み合わせでは、ファミリンク機能による連携操作が可能で、テレビのリモコンで本機の操作もできる。また別売の外付けHDDを接続することで、4K画質のまま録画も可能となる。

外付けUSB-HDDへ4K放送をそのまま録画できる

同日発表された4K/HDR対応液晶テレビ「AM1」シリーズでの付属リモコンには、「+4K」ボタンを新たに装備しており、本機と接続した状態で+4Kボタンを押すと、新4K衛星放送へ切り替わり番組選局などダイレクトに操作できる。

また、チューナー本体の詳細設定も操作できるHDMI CEC機能「ファミリンク」にも対応。同社は「ファミリンク機能を強化し、テレビに4Kチューナーが内蔵されたような操作感を実現する」としている。

発売時期は11月下旬を予定。今回発表された製品はまだ最終仕様ではなく、現時点では価格も未定とのことだが、新4K衛星放送開始時に向けて順次開発を進めていくとしている。

関連記事