茶楽音人とAr:tioの新製品も体験可能

<ポタフェス>JVC、音色を変えるイヤホンノズル試作品/パイオニア、Stellanovaのハイレゾワイヤレスをアピール

編集部:小野佳希
2018年07月14日
イヤホン関連のブランドが集う「ポータブルオーディオフェスティバル2018(ポタフェス)」が開幕。本稿では“SOLIDEGE”用イヤホンノズル試作品を参考展示していたJVCケンウッドなどの展示をレポートする。

JVCケンウッドは、本イベントの2日前に発表したばかりの「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズの完全ワイヤレスイヤホン「HA-XC70BT」と、同時発表したXXシリーズのBluetoothヘッドホン「HP-XP50BT」といった新モデルを、8月の発売に先駆けて体験可能。

HA-XC70BT

また、ノズル部を交換することで音色を調整できる“CLASS-S”のハイレゾイヤホン「SOLIDEGE inner」の展示では、製品に付属するものとは異なる3種類のノズルの試作品を参考出展。

ノズルの試作品3種類を参考展示

製品に同梱しているのはブラス、チタニウム、ステンレスの3種類だが、今回のイベントではこれに加えて、純チタン、リン青銅、無酸素銅による試作品を実際に試すことができる。「今回の来場者の反応を参考に今後の製品化を検討する」とのことだった。

パイオニアは、ハイレゾ音源も非圧縮でワイヤレス再生できるシステム「Stellanova」をアピール。試聴しての感想をTwitterに投稿するとハズレなしのプレゼント抽選会に参加できる企画も実施しており、ブースには多くの来場者が詰めかけていた。

Stellanova

TTRは、茶楽音人(さらうんど)ブランドとAr:tio(アルティオ)ブランドのイヤホン各種を展示。茶楽音人ブランドでは、6月末に発売を開始した最新機である真鍮筐体モデル「Co-Donguri Brass」、そのバランス端子モデル「Co-Donguri Balance」を試聴することができる。

Co-Donguri Brass

Ar:tioブランドでは、独自技術「SkIS(Six kilohertz lntercept System)」および「s.n.a(Smart Nozzle Adjuster)」を採用した「RK01」を展示。独自イコライザー「a.i.m」を搭載した「CU1」も体験できるようにしていた。

RK01

関連リンク

関連記事