定員8名、予約必須

アバック名古屋、4Kプロジェクターの使いこなしやモデルの違いなどが学べる「ホームシアターセミナー」

編集部:川田菜月
2018年06月01日
アバック名古屋店は、プロジェクターとスクリーンの基本をガイドする「ホームシアターセミナー」を6月16日(土)に開催する。

同店舗にてJVCの4K HDR対応DLPプロジェクター「LX-UH1」(関連ニュース)が常設展示となった事に際し、EPSON「EH-TW8300」と2モデルを用いて、以前より導入しやすくなった4Kプロジェクターの使いこなしや、モデルごとの違いをデモンストレーション。さらに、スクリーンを使ったホームシアター導入のポイントなども案内するとのこと。

JVC「LX-UH1」

EPSON「EH-TW8300」

定員は8名、参加予約が必要。現在WEBページにて予約を受け付けている。当日は最新の4Kコンテンツや3D映像を用意。また新築のホームシアターを検討しているユーザーには、AVACホームシアターギフトカードがプレゼントされる。詳細は以下のとおり。

■日時:2018年6月16日(土)13:00 - 14:30

■場所:アバック名古屋店 試聴室

■定員:8名

■イベント内容:
・4Kプロジェクターの今を徹底解説!価格や機能、画質の違いを細かくご案内!
・液晶 VS DLP!4Kモデルで互いのメリットデメリットをご案内!
・80/100/120/150インチの4種類のスクリーンを実際に見て比べよう!
・リビングシアター、プロジェクター設置の注意点とは
・4K&3D!大画面ならではの楽しさを実際に体験してみよう!

■使用機材
・プロジェクター:EPSON「EH-TW8300」
・プロジェクター:JVC「LX-UH1」
・スクリーン:KIKUCHI 80/100/120/150inch
・スピーカー:Unisonic「Plata」シリーズ
・スピーカー:Unisonic 埋込スピーカーシリーズ

関連リンク

関連記事