アルミニウム製ハウジングを採用

上海問屋、ハイブリッド5ドライバーで6,999円のイヤホン。「女性ボーカルが得意」

編集部:成藤正宣
2018年05月25日
ドスパラが運営する上海問屋は、バランスド・アーマチュアドライバー4基、ダイナミックドライバー1基を搭載するハイブリッド5ドライバーイヤホン「DN-915266」を発売する。価格は6,999円(税抜)。

「DN-915266」

中〜高音域を4基のバランスド・アーマチュアドライバー、低域を10mmのダイナミックドライバーが担当。5Hz〜70kHzまでの幅広い周波数帯域をカバーするとしている。

安価ながら5ドライバーを搭載

ハウジングはアルミニウム、ケーブルは引っかかりやタッチノイズの少ないTPU製。ハウジングとケーブルの境目には左右を判別しやすいL/R表記を設ける。プレーヤーとの接続には、やや角度をつけた3.5mmステレオミニプラグを採用している。

やや角度のついたプラグを採用する

同社では本製品の特徴について「高域の透明感は女性ボーカルが美しく映え、パートの分離も良いリアルな再現力を備えたモデル」としている。全国の同社店舗にて順次試聴可能になるとのこと。

感度は103dB、インピーダンスは12Ω。ケーブル長は約1.2m。

関連リンク

関連記事