Auro-Matic Upmixerにも対応

デノンのAVアンプ「AVC-X8500H」がAuro-3Dに対応。最新ファームウェア公開

編集部:押野 由宇
2018年05月24日
ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドのAVサラウンドアンプ「AVC-X8500H」を対象とした「Auro-3D」対応ファームウェア・アップデートを開始。本日5月24日より最新ファームウェアを公開した。

「AVC-X8500H」

設定メニューからインターネット経由のファームウェア・アップデートを実行することで、サウンドモード「Auro-3D」が選択可能となる。

Auro-3Dはチャンネルベースのイマーシブオーディオ・フォーマットで、自然で臨場感豊かな3Dサウンドを楽しむことができるとする。5.1ch+サラウンドバックの7.1chシステムにフロントハイト、センターハイト、サラウンドハイト、およびトップサラウンドスピーカーの6chを組み合わせた13.1chシステムが構築できる。

また、Auro-Matic Upmixerによって、モノラル、ステレオおよびサラウンドのコンテンツを自然な3Dサウンドにアップミックスすることができる。AVC-X8500Hでは、再生するコンテンツに合わせてAuro-Matic Upmixerの効果を5種類のプリセットと16段階のチャンネルレベル設定で調整することが可能。

プリセットの内容は、ポップミュージックlや室内楽に最適な「小」、ジャズ音楽や一般的な映画、テレビ番組に最適な「標準」、オーケストラなど大きなスペースで収録されたコンテンツに最適な「大」、大きな爆発音のシーンがあるアクション映画など、映画コンテンツに最適な「ムービー」、ニュース放送などほとんどが対話で空間情報を持たないようなコンテンツに最適な「スピーチ」となる。

先行してAuro-3Dに対応している「AVR-X6400H」「AVR-X4400H」では、ムービーを除く4種類のプリセットが使用可能。入力信号がハイトチャンネルを含むAuro-3D信号の場合は、プリセットは設定できない。

ほか、AVC-X8500HはAuro-3D入力信号をそのまま再生する「ダイレクト」モードと接続されているスピーカーの構成に合わせて、最大13.1chまで拡張して再生する「チャンネルの拡張」モードを切り替えることができる。

関連リンク

関連記事