「VRパッケージ」第一弾

ハコスコ、VRゴーグルと動画視聴QRコードをセットにした「ウルトラマンゼロVR」

編集部:小野佳希
2018年04月20日
ハコスコは、VRコンテンツ『ウルトラマンゼロVR 〜大都会の戦慄 エレキング対ゼロ〜』の専用視聴用QRカードと、折りたたみ式シリコン製のVRゴーグルをセットにした“VRパッケージ”「ウルトラマンゼロVR」を発売した。価格は1,750円(税抜)。

ウルトラマンゼロVR

VRゴーグル、オリジナル化粧箱、動画配信を組み合わせた「VRパッケージ」の第一弾。同梱のQRコードをスマホで読み込むと、ハコスコ社が提供する360度動画視聴アプリ「ミルマル」が起動し、360度動画を視聴することができる。アプリのログインや動画の事前ダウンロードが不要なため、VRを初めて体験される方も手軽にお楽しみいただけるとアピールしている。なお年齢制限は7歳以上。

『ウルトラマンゼロVR 〜大都会の戦慄 エレキング対ゼロ〜』は、ウルトラマンシリーズ初となる全天球360度VR特撮作品で、2017年10月に公開されたもの。同月に開催された「第22回 釜山国際映画祭」にて行われたアジア最大級のVRイベント「VR シネマ in BIFF」招待作品に選出され、国際映画祭「Cinequest Film & VR Festival」のVR AwardにおいてもOfficial Selectionに選出。また、優れた先進映像コンテンツを表彰する「ルミエール・ジャパン・アワード2017」にて、VR部門・準グランプリを受賞。監督は『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』メイン監督等、数多くの特撮作品を手掛けた田口清隆。

関連リンク

関連記事