他番組への「凸機能」も

VR空間でニコ生配信、他番組への乱入もできる「バーチャルキャスト(β)」発表

編集部:小野佳希
2018年04月13日
ドワンゴは、VR空間でニコニコ生放送を行うことができ、他ユーザーの配信に乱入できる「凸機能」なども備える新サービス「バーチャルキャスト(β)」を発表。Windowsソフト「バーチャルキャスト」の提供を本日より提供した。


好きなキャラクターになってVR空間でコミュニケーションをとることができるサービス。利用にはHTC VIVE、およびVIVE推奨スペックのWindows10 PCが必要。niconicoだけでなくニコニコ生放送以外のプラットフォームで生配信することができる。また、自分で番組を配信するのでなく、誰かが配信している番組に乱入するだけも可能。

VR空間での生放送配信が可能

「凸」機能やアイテム機能も装備

もちろん番組の視聴だけであればVRヘッドセットを持っていない場合でも可能で、コメント投稿もできる。番組配信側のユーザーは、投稿されたコメントをVR空間のなかで手に持ったり、そのほか様々なアイテムを使うこともできる。

なお、本サービスはニコニコユーザー「みゅみゅ」さんが制作したVRライブシステムをベースに、ドワンゴと共同開発したもの。また、本日4月13日22時からは公式サイトで公開テスト放送も行われる。

そのほかVR関連では、4月28日・29日に幕張メッセで開催する「ニコニコ超会議」では、「VRフェンシング」を展示。オリンピック銀メダリストで現・日本フェンシング協会会長である太田雄貴氏の協力の下で開発されたシステムで、「対戦モード」では大田氏と対戦することができる。28日には大田氏本人もブースに登場するという。

関連記事