今後もファームアップ継続

OPPO「UDP-205」、納品まで2ヶ月待ちに − 新規開発終了受け注文急増か

編集部:風間雄介
2018年04月04日
OPPO Digital Japanは、同社のユニバーサルディスクプレーヤー「UDP-205」について、「現在非常に多くのご注文をいただいており、納品まで2か月以上かかる場合」があると同社Twitterで告知した

OPPO「UDP-205」

OPPO Digitalは4月3日、新製品の企画・開発を終了すると発表した(関連ニュース)。現在販売されているUDP-205などの製品が、OPPO Digitalとして最後の世代の製品となる。このため注文が集中していると考えられる。

なお同社は、今後もファームウェアの更新と提供、保証期間内の無償修理・点検などは行うとしている。

新製品の企画・開発の終了を行う背景として同社は「近年、世界的にストリーミングコンテンツサービスが流行し、特に米国のディスクプレーヤー市場が縮小し、生産規模の拡大や維持が困難な見込み」であるためと説明している。

関連記事