4K動画撮影には非対応

最も安価なGoPro新「HERO」登場、機能省いて26,000円から

編集部:風間雄介
2018年03月29日
GoProは、アクションカメラ新モデル「HERO」を発表、即日販売開始した。公式サイトでの販売価格は26,000円。HERO6 Blackの52,000円、HERO5 Blackの37,000円に比べて安価なエントリーモデルとなっている。

GoPro「HERO」

背面のタッチ操作対応ディスプレイ

静止画は10メガピクセルの撮影に対応している。ただしHDR静止画の撮影には非対応。また露出を決定する際、優先するエリアを選択する機能にも対応しない。動画は1,440/60p、1,080/60pでの撮影が可能だが、4K動画の撮影には対応していない。また3.5mmのマイク入力端子も備えていない。

背面には2インチの画面を備え、タッチ操作にも対応する。また手ぶれ補正機能や、自動でハイライト動画を作成できる「QuickStories」機能にも対応している。

防水性能は10m。音声コントロールにも対応している。なおGPS機能は備えていない。

関連リンク

関連記事