MP4ファイルでの機能利用が可能に

ソニー、4Kハンディカムに新モデル「FDR-AX60/AX45」。ハイライトムービーメーカー機能を強化

編集部:小野佳希
2018年01月26日
ソニーは、4K撮影に対応するビデオカメラ“4K ハンディカム”新モデルとして、「ハイライトムービーメーカー」機能をMP4ファイルに対しても適用できるように機能強化した「FDR-AX60」「FDR-AX45」の2機種を2月9日に発売する。FDR-AX60は13万円前後、FDR-AX45は10万円前後での実売が予想される。

FDR-AX60

それぞれ2016年モデル「FDR-AX55」と「FDR-AX40」(関連ニュース)の後継機。画素数など基本的なスペックは据え置きつつ、「ハイライトムービーメーカー」機能の強化で使い勝手向上を図っている。

FDR-AX45

ハイライトムービーメーカーとは、ユーザーが撮影した動画ファイルの中からハイライトシーンをカメラが自動抽出および自動編集してくれるというもの。例えば旅行に行って1日で複数の動画を撮影した場合、それらのファイルから15秒/30秒/1分/2分および任意のBGMに合わせた長さでのショートムービーを自動作成する。

従来モデルでは同機能はAVCHD動画に対してのみへの対応だったところ、今回新たにMP4ファイルでも使用可能に機能を強化。4K/AVCHDフルHDとMP4での小容量(1,280×720)ファイルの同時記録を行っている場合に、容量の小さいMP4ファイルでハイライトムービーを作ることで、Wi-Fiでスマートフォンに送っての友人などとの共有がより簡単になる。

なおハイライトムービーメーカー機能では、BGM用の楽曲を6曲プリインストール。PCソフトのPlayMemories Homeで任意の楽曲との入れ替えもできる。そのほか、抽出してほしいシーンに、後からハイライトポイントを付けるといったこともできる。

前述のように基本的なスペックは前モデルから踏襲。両機の仕様はほぼ共通。どちらも有効857万画素の1/2.5型の新開発Exmor Rを搭載し、4K(3,840×2,160)/30p撮影に対応。光学ズーム倍率は20倍で、内蔵メモリは64GB。解像度92万画素の3.0型液晶モニターを搭載する。また、同社独自の「空間光学手ブレ補正」を搭載している。「FDR-AX60」のみ0.24型EVFやマニュアルリングなどを備えているほか、暗闇でも撮影できる「ナイトショット」機能を搭載している点が両機の違い。
新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドSONY
  • 型番FDR-AX60
  • 発売日2018年2月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)
【SPEC】●イメージセンサー:1/2.5型 Exmor R CMOSセンサー ●総画素数:857万画素 ●記録画素数:静止画時 最大1,660万画素相当 ●有効画素数:動画時 829万画素(16:9) ●静止画時:829万画素(16:9)、622万画素(4:3) ●ズーム:動画時:光学20倍(デジタル250倍)、全画素超解像40倍(HD)、30倍(4K) 、静止画時:光学20倍(デジタル250倍) ●外形寸法:73.0W×80.5H×161.0Dmm(最大突起部を含む) ●質量:約535g
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドSONY
  • 型番FDR-AX45
  • 発売日2018年2月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
【SPEC】●イメージセンサー:1/2.5型 Exmor R CMOSセンサー ●総画素数:857万画素 ●記録画素数:静止画時 最大1,660万画素相当 ●有効画素数:動画時 829万画素(16:9) ●静止画時:829万画素(16:9)、622万画素(4:3) ●ズーム:動画時:光学20倍(デジタル250倍)

関連記事