音声操作など機能も大幅強化

GoPro、4K/60pや240fps動画撮影に対応した「HERO6 Black」

編集部:風間雄介
2017年09月29日
GoProは、小型ビデオカメラ「HERO」シリーズの新モデルとして「HERO6 Black」を発表した。日本の公式サイトでも59,000円で販売を開始している。これまでのHERO5シリーズも販売を継続する。

GoPro「HERO6 Black」

本製品のキット

HERO6では、GoProがカスタムデザインしたGP1プロセッサーを搭載し、高画質化。4K/60p動画や1080/240p動画の撮影が可能になった。

さらに画質面では、ダイナミックレンジを改善。低照度下の撮影性能も高めた。また動画の手ぶれ補正についても、GoPro史上最も安定したとしている。

静止画写真撮影機能ではRAWに対応しているほか、HDR写真の撮影も行える。

「QuikStories」にも対応。これは撮影した動画をショートビデオにまとめてシェアできる機能で、HERO6では、Wi-Fi環境下で3倍高速化した。これによって、より手軽にシェアすることが可能になった。

操作系では、10の言語で音声操作が可能。日本語にも対応し、たとえば「GoPro ビデオ撮影を開始」などの言葉で操作できる。そのほか、すべてが新しくなったというタッチズーム機能も搭載した。

背面。タッチズーム機能も強化した

なおWi-Fiは5GHz帯に対応して接続性を向上。これまでの3倍速くなったとしている。防水は10mまで対応している。

関連リンク

関連記事