海がイメージの3色

B&O PLAY、Bluetoothヘッドホン/スピーカーに数量限定で「2018年春夏カラー」追加

編集部:川田菜月
2018年03月15日
Bang & Olufsenは、B&O PLAYブランドの2018年春夏コレクションとして、Bluetoothヘッドホン「H4」、Bluetoothスピーカー「P2」および「A1」の期間限定カラーモデルを発表。Bang & Olufsenストアでは3月16日から、その他取り扱い店舗では3月末から数量限定で発売する。

2018年春夏コレクションとして3色を数量限定で発売

2018年春夏コレクションでは「活気に満ち力強い海にインスパイアされた」とし、Aloe(アロエ:海の波の先端を思わせる明るくナチュラルなグリーントーン)、SteelBule(スティールブルー:夜の海のような暗いターコイズトーン)、Teel(ティール:大波にインスパイアされたリッチで深いグリーントーン)の3色を展開する。

2018年春夏では海をイメージ

Aloe(写真)、SteelBule、Teelの3色

■「Beoplay H4」
・新色:Aloe、SteelBule(価格 32,900円/税込)

「Beoplay H4」Aloe(写真左)、SteelBule(写真右)

H4は、独自設計のφ40mmダイナミックドライバーを搭載するワイヤレスヘッドホン。Bluetooth ver.4.2搭載でAACコーデックに対応し、「高音質かつオールラウンドな再生力を持つ」としている。また、本機のために特別開発したという「Commute (通勤・通学)」「Clear (クリア)」「Workout (ワークアウト)」「Podcast (ポッドキャスト)」の4つのサウンドプロフィールを搭載し、専用アプリ「Beoplay」を用いて音質調整も可能(関連ニュース)。

現在はCharcoal Grey(チャコールグレイ)、Black(ブラック)、Violet(バイオレット)、Tangerine(タンジェリン)を展開。今回新たにAloe、SteelBuleの2色を追加する。

■「Beoplay P2」
・新色:Teel(価格 19,900円/税込)

「Beoplay P2」Teel

P2はワイヤレススピーカー“Beoplay”シリーズの最小モデル。小型ながら独自サウンドシステム「Bang & Olufsen Signature Sound」を搭載し、3/4インチファブリック製ソフトドームトゥイーターと最大出力50W×2のクラスDアンプにより迫力のサウンドと、「True360オムニディレクショナルサウンド」による360度再生を可能にするとしている。アプリによるイコライジングも可能(関連ニュース)。

現在Black(ブラック)、Blue(ロイヤルブルー)、Sand Stone(サンドストーン)、Lilac(ライラック)、シルバーカラーのNatural(ナチュラル)の5色を展開しており、今回新色としてTeelを追加する。

■「Beoplay A1」
・新色:Aloe、SteelBule(価格 29,900円/税込)

「Beoplay A1」Aloe(写真左)、SteelBule(写真右)

A1は、ドーム型を採用したアルミ製の筐体に、二重成形のポリマーベースを採用した突出したボタンやレッグ部を排した美しいデザインの小型Bluetoothスピーカー。強力なネオジウムマグネットを使用した3/4インチ アルミコーン・フルレンジ、シルクドーム・ツィーターの2ウェイ構成で、最大24時間の長時間駆動も可能。また360度全方位に広がる「True360オムニディレクショナルサウンド」を採用する(関連ニュース)。

カラーは現在、シルバーカラーのNatural(ナチュラル)、Green(グリーン)、Umber(アンバー)、Violet(バイオレット)、Sand Stone(サンドストーン)を展開。今回新たにAloe、SteelBuleの2色を追加する。

【問い合わせ先】
(株)TFC
TEL/03-5770-4511

関連リンク

関連記事