40WのクラスDアンプを搭載

B&O Play、ファブリックの付け替えが可能なBluetoothスピーカー「Beoplay M3」

編集部:押野 由宇
2018年01月11日
完実電気(株)は、B&O PlayのBluetoothスピーカー新製品として、「Beoplay M3」を1月18日に発売する。価格は35,900円(税込)。カラーはブラックとナチュラルの2色をラインナップする。

「Beoplay M3」(ブラック)

ユニットには3.75インチ・ロングストロークミッドレンジウーファーを1基、3/4インチ・トゥイーターを1基搭載。40WのクラスDウーファーアンプとクラスDリアトゥイーターアンプをそれぞれ1つ採用し、そのサウンドはBANG&OLUFSENのトーンマイスターがチューニングしている。

「Beoplay M3」(ナチュラル)

カバーに使用されている生地は、ヨーロッパのKvadrat社とのコラボレーションによるもの。インテリアに合わせて付け替えられる仕様となっており、マルチカラーの糸を織り合わせたファブリックはサウンドを邪魔することなくスピーカーの完成度を高めたという。

接続はBluetooth 4.2、AirPlay、Wi-Fi、QPLAY、Chromecastに対応しており、マルチルーム機能を装備。ほか、3.5mmステレオミニのアナログ入力を備える。

また、スピーカーの位置に合わせてサウンドを最適化するルームポジション機能を搭載。Beoplay Appから、Free/Wall/Cornerの3つのサウンドモードを選択できる。

周波数特性は65Hz〜22kHzで、外形寸法は112W×151H×140Dmm、質量は1.46kg。

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドB&O PLAY
  • 型番Beoplay M3
  • 発売日2018年1月18日
  • 価格33240
【SPEC】●ユニット:3.75インチ・ロングストロークミッドレンジウーファー×1、3/4インチ・トゥイーター×1 ●アンプ:40WクラスDウーファーアンプ×1、クラスDリアトゥイーターアンプ×1 ●周波数特性:65Hz〜22kHz ●外形寸法:112W×151H×140Dmm ●質量:1.46kg

関連記事