4KリマスターBDも

押井守監督作品『イノセンス』のUHD BDが6月22日に単体発売

編集部:小澤貴信
2018年03月13日
ウォルト・ディズニー・ジャパンは押井守 監督作品『イノセンス』の4K Ultra HD Blu-ray(UHD BD)を6月22日に発売する。価格は9,800円。


昨日、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のUHD BD発売が発表(関連ニュース)。『イノセンス』とのセット販売もアナウンスされていた。『イノセンス』UHD BDの単体販売が決定したかたち。本作も4K/HDRにて映像が収録されている。

詳細は以下の通り。

『イノセンス』 4K Ultra HD+4K リマスター・ブルーレイ

■価格:¥9,800(税抜)
■ディスク構成:UHD BD+BD
■UHD BD画面サイズ:
16:9(2160p Ultra High Definition)

■UHD BD収録音声:
1、日本語(2.0ch/リニア PCM) 2、日本語(7.1.4ch/DTS:X) 3、日本語(DTS Headphone:X)

■そのほか仕様:
キャラクターデザイナーである沖浦啓之が描き下ろした新規イラストジャケットを採用

なお、同時に4KリマスターによるBlu-rayも発売される。

『イノセンス』は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編として2004年に劇場公開。その後さまざまな携帯でパッケージ化され、高画質/高音質ソフトとしてAVファンにも親しまれてきた。

関連記事