プレミアム版には日本オリジナル特典

『キングスマン:ゴールデン・サークル』UHD BD、4月6日に発売。ドルビーアトモス収録

本山由樹子
2018年03月02日
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンは、『キングスマン:ゴールデン・サークル』を4月6日に4K Ultra HD Blu-rayで発売する。「ブルーレイ プレミアム・エディション(4K ULTRA HD付)」として発売され、価格は6,925円(税抜/品番:FXHE-69789)。なお、BD+DVDも3,990円(税抜/品番:FXXF-69789)で同時発売される。

「ブルーレイ プレミアム・エディション(4K ULTRA HD付)」

UHD BDの音声は、英語をドルビーアトモスで収録。日本語はDTS 5.1ch。BDの音声は英語がDTS-HDマスターオーディオ 7.1ch、日本語がDTS 5.1ch。

通常版(BD+DVD)パッケージ

数量限定生産の「ブルーレイ プレミアム・エディション」には、UHD BDとBDの本編を収録。日本オリジナルデザイン特製デジパック&アウターケース仕様で、特製アートブック、日本オリジナルポストカードセット、キングスマンステッカーの封入特典付き。

プレミアム・エディションの展開図

BDにはメイキング映像集(続編が生まれるまで/魅力的なキャストたち/エルトン・ジョンの出演秘話/豪華なプロダクション・デザイン/衣装でキメろ/最新の武器/型破りなアクション/視覚効果を駆使した世界/編集と音楽)、「撮影の舞台裏:タクシーでの格闘シーン」、キングスマン・アーカイブ(コンセプト・アート/スティル・ギャラリー)、オリジナル予告編集など120分以上の映像特典が収録される。なお、UHD BDには映像特典は収録されない。

BD+DVD版のBDにも、プレミアム・エディションのBDと同じ映像特典が収録されている。

〜〜あらすじ〜〜


人類抹殺計画から世界を救って1年後。ロンドンの高級スーツ店に本部を置くイギリスの独立スパイ組織キングスマンは、謎の組織ゴールデン・サークルの奇襲攻撃により壊滅してしまう。かろうじて生き残ったエグジー(タロン・エガートン)とメカニック担当のマーリン(マーク・ストロング)は、同盟スパイ組織ステイツマンに協力を得るためアメリカへ向かう。

表向きはバーボン・ウイスキーの蒸留所を経営するステイツマン。エグジーとマーリンは、そこで死んだはずのハリー(コリン・ファレル)と再会する。彼らはゴールデン・サークルの陰謀を阻止すべく戦いに挑むが…。

〜〜〜〜〜〜


英国紳士スパイが活躍する『キングスマン』(2014年)の続編。マシュー・ヴォーン監督、タロン・エガートン、コリン・ファースら主要メンバーが続投。ジェフ・ブリッジス、チャニング・テイタムらが演じるコテコテにアメリカンなスパイ団、ジュリアン・ムーア演じる敵のボスといったアクの強い面々が新加入。世界71カ国で初登場首位を獲得し、日本でも興収17億円のヒットを記録した。

一流スパイに成長したエグジーを主人公とした物語が展開するが、悪ノリ度合いは前作以上。特に、1950年代アメリカ文化に傾倒する女麻薬王ポピーはインパクト大。指名手配中で帰国できないため、カンボジアの奥地でポピーランドを建設し、エルトン・ジョン(本人)を専属シンガーにするため誘拐するという無茶ぶり。ボディガードはロボット犬。そんなぶっ飛んだ悪党をキングスマンとステイツマン、英米スパイ組織がカルチャーギャップを乗り越え、立ち向かう姿が毒気たっぷりに描かれる。

もちろん、ガジェットを駆使したド派手アクションも満載。長回しのワンカットに見える戦闘シーンが随所に登場し、音楽とのシンクロ具合も◎。キャラからアクションまで、「やり過ぎ」感を楽しみたい。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

関連記事