静電技術「ELECTROSTATZ」採用

ノジマ、8GBメモリ&プレーヤー機能内蔵のワイヤレスヘッドホン。ハイレゾ相当への信号補正も

編集部:小野佳希
2018年03月07日
ノジマは、プライベートブランド『ELSONIC』より、外部電源を必要としない静電技術『ELECTROSTATZ テクノロジー』を採用するほか、楽曲保存用に8GBのメモリーも搭載するなどしたワイヤレスヘッドホン「EA-BT4HS」を発売した。価格は19,800円(税抜)だが、発売記念として、期間限定で1万円値引きの9,800円(税抜)の特別価格での販売を行っている。

EA-BT4HS

5Hz〜50kHzというハイレゾ領域の周波数帯域再生が可能で、Bluetoothのほか有線接続での使用にも対応。上記のように8GBのメモリーも搭載し、内蔵プレーヤーはWAV/FLAC/MP3/WMA/APEファイルの再生に対応している。

台湾最大の工業研究所 Industrial Technology Research Institute(ITRI)が開発したELECTROSTATZテクノロジーを採用。外部電源を必要しないセルフ・バイアス方式によって音声信号に含まれる微小な電流でも動作を可能にするとしているほか、コンデンサー型とは異なり、非導電性の振動板は混変調歪みの発生も極小となるため、高い解像度が得られるともしている。

Bluetoothでのワイヤレス音楽再生でも192kHz/24bit相当にアップコンバートする「CAFEオーディオアップグレードシステム」も搭載。そのほか、音楽、ゲーム、ムービー各ジャンルの音楽に最適化するイコライザー機能も備えている。

関連リンク

関連記事