ワイヤレスイヤホン「WI-C300」も

ソニー、初のエントリー帯ワイヤレスヘッドホン「WH-CH400」。6,000円前後

編集部:小野佳希
2018年02月20日
ソニーは、ワイヤレスヘッドホン/イヤホンの新たなエントリーモデル「WH-CH400」と「WI-C300」を3月10日に発売する。ヘッドホン「WH-CH400」は5,500円前後、イヤホン「WI-C300」は6,000円前後での実売が予想される。

WH-CH400

両機ともにBluetooth Ver.4.2、SBC/AACコーデック、およびNFCに対応。ボイスアシストにも対応し、楽曲再生ボタンの長押しで、ペアリングしたスマートフォンのSiriやGoogleアプリを起動できる。

WI-C300

「WH-CH400」はソニーとしては初めてエントリー価格帯でのワイヤレスヘッドホンで、最大20時間のワイヤレス音楽再生が可能。なお、有線接続には対応していない。

ドライバー径は30mm。そのほか操作ボタンも大きくし、操作しやすいよう配慮している。カラーバリエーションはブラック/グレー/ブルー/レッドの4色。ヘッドバンド部やハウジング、イヤーパッドの色を揃えていることが特徴だ。

「WI-C300」は、先行して展開しているネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WI-C400」のバリエーションモデル。音質やBluetooth機能などのスペック面はWI-C400と同等にし、通常のケーブルで左右筐体をつなぐスタイルに変更することで、よりコンパクトに持ち運びたいニーズなどにも対応できるようにした。なお、WI-C400も販売を継続する。

ドライバー径は9mmで、Bluetooth持続時間は最大8時間。ブラック/ブルー/ホワイト/レッドの4色をラインナップしている。こちらもケーブルやハウジングの色を統一している

関連記事