メンテンナンス性も確保

BenQ、高輝度/高コントラストで“プレゼンが見やすい”ビジネスプロジェクター「MS550」

編集部:押野 由宇
2018年02月16日
ベンキュージャパンは、3,600ルーメンの高輝度と20,000:1のネイティブコントラスト比を実現するビジネス向けDLPプロジェクター「MS550」を、2月27日より発売する。価格はオープンだが、35,000円前後での実売が予想される。

「MS550」

MS550は、SVGAの解像度でアスペクト比4:3に標準対応したプロジェクター。キーパッドやリモコンは直感的に操作できるようにデザインされ、本体は約2.3kgの軽量設計となる。3,600ルーメンの高輝度により、明るく点灯された比較的大きな会議室の最も離れた席からでもプレゼンテーションを明瞭に見ることができるとする。

コントラスト比は20,000:1。黒をくっきりと映し出し、あらゆる文字やグラフ、図がはっきりと表示されることで、コンテンツが読みやすくなるとともに、最先端のDLP技術によって白黒またはカラー画像がより鮮明になるため、眼が疲れにくくし、プレゼンターと聴衆がコンテンツに集中できるとしている。

BenQ独自の「SmartEco」技術により、ランプ寿命最大約10,000時間を達成。またランプドアをプロジェクター上部に配置し、簡単にランプへアクセスできるため、メンテナンスや交換が容易としたメンテンナンス性の高い設計としている。

台形補正機能は縦方向±40度で対応。入力端子はHDMI(v1.4a)×2、ミニD-sub15ピン×1、Sビデオ×1、ビデオコンポジット×1、オーディオミニジャック×1を装備。出力端子にミニD-sub15ピンとオーディオミニジャックを各1系統備える。外形寸法は296W×120H×221Dmm。

関連リンク

関連記事