見る位置に連動して光沢や陰影がリアルタイム変化

三菱電機、二次元画面に“リアルな質感”を表現する「Real Texture」技術を開発

編集部:小野佳希
2018年02月14日
三菱電機(株)は、物体の質感をディスプレイにリアルに表現するという質感表現技術「Real Texture(リアル テクスチャー)」を開発。車のインストルメント・パネルやデジタルサイネージに本技術を適用することで、金属など光沢のある素材を実物のように表現し、高級感のある表示を演出するという。

Real Texture技術のイメージ

本技術では、ディスプレイを見る人の頭の動きをカメラで追跡して反射光の強度を計算。リアルタイムに表示物の光沢・陰影の位置を変化させてディスプレイに表示させる。こうして表示物表面の光反射特性を再現することで、二次元の画像を立体感のある画像として表示。金属など光沢のある素材の質感をリアルに表現して高級感を演出するという。

両眼視差を用いる立体視専用のディスプレイでなく、二次元の平面ディスプレイとカメラで構成するため、低コスト化を実現できる点が本技術のメリット。今後は素材の質感をよりリアルに表現するための要素開発を進めていくとしている。

関連リンク

関連記事