IEM開発で培った技術と経験を活かす

フェンダー、初のBluetoothモデル含む新イヤホン「PURESONIC」3機種を海外発表

編集部:成藤正宣
2018年01月26日
米フェンダーは、カリフォルニア州にて現地時間25日から28日まで開催される楽器展示会「NAMM show2018」にて、イヤホンの新モデル「PURESONIC」3機種を発表した。いずれも日本における発売日、価格は未定。

・ワイヤレスイヤホン「PURESONIC PREMIUM WIRELESS EARBUDS」

「PURESONIC PREMIUM WIRELESS EARBUDS」

・ワイヤレスイヤホン「PURESONIC WIRELESS EARBUDS」

「PURESONIC WIRELESS EARBUDS」

・ワイヤードイヤホン「PURESONIC WIRED EARBUDS」

「PURESONIC WIRED EARBUDS」


インイヤーモニター「FXシリーズ」で培った技術や経験を活かして開発された新しいシリーズで、同社では「アクティブなライフスタイルを送る方の要求を満たす音質、フィット感、携帯性を兼ね備える」としている。

「PURESONIC PREMIUM WIRELESS EARBUDS」は9.25mmダイナミックドライバーを搭載したBluetoothイヤホンで、インイヤーモニターシリーズを踏襲した人間工学に基づいた軽量デザインと、成形可能なイヤーフックにより装着感と安定性を両立する。

Bluetoothバージョンは4.1、コーデックはAAC、aptXに対応。「輪郭のはっきりした低音とスムースな中域、クリアな高域を生み出す」としている。連続再生時間は最大約6時間。

「PURESONIC WIRELESS EARBUDS」は高効率のダイナミック・マイクロドライバーを搭載するBluetoothイヤホン。イヤーピースには一般的なシリコンではなく、熱可塑性エラストマーを採用し装着感を高めている。

Bluetoothバージョンは4.1、コーデックはaptXに対応。リモコン部にはスマートフォンの音声アシスタントを起動する専用ボタンを備えている。連続再生時間は最大約6時間。

「PURESONIC WIRED EARBUDS」は9.25mmダイナミックドライバーを搭載する有線イヤホン。ケーブルに3ボタンのリモコンマイクを搭載し、iOS/Android端末で使用可能。「パンチのある低音と鮮明な高音でバランスの取れたサウンドを再生する」としている。

再生周波数帯域は14Hz〜22kHz、感度は112dB、インピーダンス16Ω。ブラックメタリックとオリンピックパールの2色のカラーバリエーションを用意する。

関連リンク

関連記事